2014年11月08日

矢抜きの術。


20090926131803.jpg



古い武道家の、伝説的技法のひとつに「矢抜きの術」があります。
流派によっていろいろなやり方はありますが、基本的には刀の抜刀とともに抜き打ちに自分のほうに飛んでくる矢を打ち落とす(斬るわけではない)ものです。

弓道家に言わせると、絶対不可能なんだそうです。
矢のスピードは、そんなに甘くないとか。
確かに、基本どうりまっすぐ真直に飛ぶ矢は、弓の強さに関係なく非常に恐ろしいものです。
しかし、こういった技がある以上、なんらかの可能性はあるのではないかと思っています。

以前、友人の弓道修練者に自分に向かって矢を放ってもらったことがあります。
むろん切り落とすとこまでは行かなかったのです。
そのときは、流鏑馬用の木の鏃(やじり)を使ってもらいました。
矢の先が極端に重いので、思うように射る事ができなかったようです。

まあ実際は、矢は避ければよいので斬る必要はないです。
矢抜きの術は、空想の産物か?と思っていたのですが、
某家収蔵の本物の鏃を見たとき、ハタト思い立つことがありました。
とにかく、本物のやじりはデカイ・重たいのです。
これでは、よっぽどの強弓ではないと飛ばないし、また近代弓道の矢速と比べれば相当遅いのではないかと思うのです。
単なる、棒状の鏃では威力がなく、殺傷力がなく大きな鏃はしょうがないのですが。
これであれば、矢抜きは可能だったのではないかと思いました。
調べると現在のように柔軟性のある各種の木を張り合わせて作る合板弓は、江戸時代三十三間堂の矢どうしで開発されたもので、古くは今の弓よりも張力も柔軟性もなかったということであります。
そうするともしかしたら、もしかしたんじゃないかと思います。

いづれにしても、けっこうな達人でなければ不可能ではあるんですけど・・・。




posted by 三国 at 20:26| Comment(0) | 養正館武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月05日

馬の体型と運動。


IMG_2861_convert_20141105212226.jpg



良く観察すると、その人がどのようなスポーツをしてきたかやどのような種類の武道・格闘技をしてきたかが体型から観察できます。
慣れた人なら、その人の経験・実力もその体型からなんとなく分かってしまうものです。
これは、それぞれの種目で使う筋肉が異なることや、要求される姿勢によっておこる事と思われます。
驚くことに、各国の軍人もそれぞれの国によって体型が同じようになってくるといわれています。
熟練した専門家であれば、紛争地で制服を着ていなくても、どの国の軍人が活動しているか、分かってしまうそうです。

さて馬です。
馬でもやはりその得意とする、または騎手が得意とする運動・技術でその体型が大きく変わります。
ですから馬の体型を見れば、その馬や管理者がどのような運動を重視しているかが、分かります。

スピードや跳躍を重視する馬の体型は、後駆いわゆるお尻が発達しています。
馬の前進力は、後ろ足によって実行されているためでしょうか。
ソレに対し、頭頚の屈伸を重視し馬場運動を重視する馬は、前駆いわゆる肩が発達しています。
馬は前足で重心を支えているため、これをコントロールする前駆の筋肉が使われているということでしょうか。

その馬が、前・後ろどのように筋肉が発達しているか。
一度そんなところも、見てみてください。

ちなみに、馬は人と違ってすぐに筋肉がつきます。
正確な運動をすると、特定部位がみるみる発達し膨らんでいくのが分かります。
逆に、怠けるとせっかく膨らんだところが、ぷよぷよし始め、すぐ小さくなってしまいます。


posted by 三国 at 21:54| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

野菜の摂取量。


IMG_1338_convert_20141101225442.jpg


厚生労働省の推奨する、一日の野菜摂取量は、一人350グラムです。
しかしこれに対し実際のところは日本人一日平均250グラムの摂取と言ったところだそうです。

これに対応する形で、各種野菜ジュースが発売されていますが、350グラム分の野菜を使っていると言うだけで、実際の野菜を摂取したのと同じにはならないとのことですね。

言うものの野菜350グラム、
結構量多いですよね。
これだけの野菜を毎日食べ続ければ、やせると思います。
私も大量の野菜を食べると、体調もよくやせていきます。
野菜スープダイエット・生キャベツダイエット、ともに野菜を多く食べるダイエット法です。
確かに効果はありました。
ただ続かないんですよね・・・。
野菜を食べるのって、結構大変な手間なんですよね・・・。
先の野菜ジュースも、普段まったく野菜を食べない人は効果が目に見えるそうです。
なんとか、生活改善しなければいけませんね。

この一連のハナシで、一番驚いた情報は、
なんと韓国人の野菜の一日の平均摂取量、、、700グラム!!!何だそうです。
大皿いっぱいどころではないです。
いや韓国と言えば焼肉のイメージでしたが、じつは野菜喰い大国なのですね。



posted by 三国 at 12:00| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

野菜の出自。


IMG_0154_convert_20141101102240.jpg

先日、地域の若手農業者の研修で、「タキイのタネ」に行って来ました。
滋賀県湖北にあるタキイ種苗は、全国に野菜の種を出荷する日本最大の種苗会社のひとつです。

車に分乗してのデイ・トリップ、車内で話も弾み、ナカナカ楽しいイベントでした。

タキイ種苗での講習で、眼からウロコのお話をを聞きました。
日本の農協・ホームセンター・果ては100円ショップにいたるまで、
そこで売られている種、裏を見るとそれは多くの生産国が書かれています。
これって何で?と思っていました。
いや、わかりますよ?そりゃあ農産品、国産だけではまかなえないのは。
タネといえども、広い場所で大量に作らなければいけないです。
でもそれなら、中国なんかで安く大量生産すればよいだけです。
でも、表示されている生産地はソレはソレは多岐にわたります。
中国はもちろん、イギリス・イタリアはてはパラグアイまで・・・。
けっこう不思議に思っていたんですが、今回判明しました。

現実問題として、国内では大量の需要に追いつかないということはあるんだそうです。
でもそれ以上に、
野菜の種は、その野菜の出身地もしくはソレに近いところで作るほうが上質なものができるんだそうです。
たしかに、いま日本で食べられる野菜のほとんどが、外国からわたってきたものです。
たとえば、白菜なんかも日露戦争以降に日本に来た野菜で、原産はカザフスタンあたりだそうです。
厳密な意味で日本の野菜というのは、セリ・ごぼう・自然薯(これ三国ウェスト農場的には大事です)の三種ぐらいです。


眼からウロコの研修でした。





posted by 三国 at 10:31| Comment(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月31日

中古車購入。


IMG_0164_convert_20141031225232.jpg


車の買い替えをしました。
乗っていたパジェロミニの車検が切れたのと、クラッチの不調を理由に思い切って買い換えました。
パジェロミニからパジェロミニに・・・。

カラーと年式が変わっただけです。
もちろん中古です。
「なんで?」「そんなに、パジェロミニ好き?」
ウーン、、そういうわけではない・・・。
まあ冬の雪道を走るのに、どうしても4WDの車は欲しいんです。
でも、どうしてもパジェロミニかといわれればそうでもない。
しいて言えば、
新しい車を選んだり、ソレを運転するに慣れていく一連の作業がめんどくさくなってしまったんです。
どうも自分も年をとってきて、新しい事柄に対応するのができなくなってきているようです。

実は最近ずっと使っていたデジカメも壊れてしまいました。
これも同じメーカーの同じシリーズの、ちょっと年式の新しいものを買ってしまいました。
あたらしく使い方を覚えるのがめんどくさくて・・・。

いけませんね。
これが進むと、毎回同じ人と同じ飲み屋に行って、同じメニューを食べ同じ話を繰り返すようになってしまいます。
気をつけます。

いやしかし、
知り合いに、何度も同じ人と付き合ったり分かれたりするカップルがいますけど、
もしかして、おんなじ理由ですかね?
新しい恋をするより、焼き直しのほうが楽って?
まあ、私も昔好きだった人と今一度・・・と思うことは多いですね実際。



posted by 三国 at 23:56| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

トレジャー・ハント。A


IMG_2477_convert_20141029214159.jpg

随分昔読んだ本、いや新聞記事でしたか・・・。
アメリカの本職トレジャー・ハンターの仕事を読みました。

彼らは観光地の海、ビーチの砂浜で金属探知機を使います。
そうすると意外な数の、結婚指輪が出てくるのだそうです。
確かに、新婚旅行のカップルがビーチで指輪をなくす。
ありそうなことですね。

拾った指輪を、売って稼ぐなんてケチな真似はしません彼らは。
指輪の名前から、周囲のホテルを廻り、持ち主に返してあげるんだそうです。
もちろん思い出の大事な指輪。
それもおそらく高価なものです。
トウゼンといえばトウゼン、たくさんの謝礼がもらえるというわけです。

これをする人たち、立派なトレジャー・ハンター。
名刺も作って、立派な職業として認知されているということです。
ナカナカ粋なモンデスね。

しかし、
ビーチでなくした指輪は、金属探知機で探しますが、
指輪をあげる人は、どうやって見つけるんでしょうか????
だれか、おしえてください!



posted by 三国 at 21:51| Comment(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

トレジャー・ハント。@

IMG_0171_convert_20141027195915.jpg

トレジャー・ハント!!!
宝探し!!
不思議なことに、これを仕事にしている人がたまにいます。
現代のこの世の中に・・・。
それも、わたしのまわりに!!!
ソレも、何人も!!!!
まあ、彼らの話はおいといて・・・。

最近友人のアメリカ人が、宝探しにはまっています。
(彼は日本に住んでいます。)
徳川埋蔵金?とかいってしまいそうなところが、年齢が出ますね・・・。
この男は、体格良し性格なお良しのアウトドアマン。
いわく、「日本のアウトドアスポーツは、高くてできないです。せめて宝探しぐらいが楽しみですね。」
????
どうやって?
彼によると、歴史のある場所(古戦場・神社仏閣・城郭跡地)などの周囲を金属探知機を持って歩き回るのだそうです。
獲物を見せてもらいました。
あるはあるは、古銭にはじまり鏃やかんざし・刀の切っ先・古い錠前、果ては銅鏡。
彼は絶対、私有地・管理地の中では行わないそうです。
あくまでその周囲。
もちろん狙いどころは、あるそうです。

この遊び、
メタル・ディテクティブといい、欧米ではアウトドア・レジャーとしてかなり一般的な遊びのようです。
海外のアウトドア雑誌なんかには、これに使うメタル・ディテクター(金属探知機)が結構売られていたりします。

出土したものは、地元の博物館などにみせに行くそうです。
まだ新聞に載るような、発見がないと悔しがっています、

日本で最初に貝塚を発見したのは、外国人。
もしかして、もしかしたらおもしろいですね。


posted by 三国 at 20:00| Comment(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

台風と蜂。


IMG_1775_convert_20141013195628.jpg



「スズメバチが低い位置に巣を張る年は、台風の当たり年。」
よく言われる話です。
かしこいスズメバチ、台風に巣を飛ばされないように本能的にそうなるんでしょうか。

以前のブログにも書きましたが今年は、草刈中に草むらの中から湧き出るスズメバチに刺されるという事故が多かったです。
草むらの中に巣作りなど、低い場所どころではないです。
そんなところに巣が、ソレもたくさんあるなんて初めての経験です。
そのときは、そんな種類の蜂はとぐらいにしか思っていませんでした。
台風とスズメバチを、結び付けて考えることもありませんでした。
第一、夏のさなかは、台風来ませんでした。
なんなら、今年は台風少なくて助かるな〜、なんて思っていました。
ところが秋の深まるこの季節になって、大きな台風が次々と上陸。
これほど台風が当たるのは、十年ぶりだそうです。

スズメバチと台風の因果関係。
まさに証明されたようなものですね。




posted by 三国 at 19:58| Comment(0) | 蜂の巣作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

パークホテル紹介。

IMG_1472_convert_20141010161602.jpg


今回は、いつもお世話になっています瀬戸パークホテルの紹介です。
このパークホテル、瀬戸の中心にあり実家の近所、また名鉄尾張瀬戸駅からも歩いて10分ほど、
深川神社の境内のなかにあります。
同じ敷地内に、私の預からせてもらっている養正館武道瀬戸の道場があります。

そしてなんといっても、日本で唯一だそうです。
神社の中にあるホテルなんです。
まあそうはいっても、かしこまったホテルではなく気楽にお手ごろに泊まれるビジネスホテルスタイルです。
でも、パワースポット?的みたいな?効果はあるかもしれません。
神社の境内は、街中でも空気が凛としています。
パワー云々を抜きにしても、神社の雰囲気は気持ちを鎮め英気を養うに充分な効果があります。
一晩でなんだか御利益ありそうな気がします。

パークホテルですが、私個人的にはなかなか便利に使わせていただいています。
遠方から三国ウェスト農場に乗馬に来るお客さんにも泊まってもらえます。
駐車場も神社の駐車場が広く取れ快適です。
大型バスも停まれますので、団体さんの対応もできます。
大学の友人が訪ねてきてくれたとき、親戚が遊びに来たときなんかも使わせてもらいます。
海外のお客さんなんかも、神社で日本の文化に触れられると同時に、洋式のホテルにほっとするようです。
特に私の海外からのお客さんの場合、養正館武道の関係者であることが多く、
同じ敷地内に、道場があるのは大変便利です。
道場のたびに、顔をあわせるホテルのスタッフさんたちとは気心が知れているので、安心して人に泊まってもらえます。
いや感謝感謝。

瀬戸に御出張・観光の折には是非瀬戸パークホテルを御利用ください。


写真は、パークホテルの一室でくつろぐ養正館武道の望月紘雄先生。
「寛一朗君、いつも人を泊めといて自分はどんなすばらしいホテルか知らないのはいけませんよ。一度部屋に来て見なさい。」
といって、招き入れてもらったときの写真です。
自分自身が泊まることはまづないですので、トウゼンどんな室内なのかは知る良しも無かったのですが・・・。
武道家というものは、いやこういうことは望月先生だからこそかもしれませんが、いろいろなことに気が回るものだと感心します。
望月先生いわく、「自分が使う場所の隅々まで把握しておくのは、武道家のたしなみのひとつ。」なんだそうです。
なるほど・・・。





詳しい紹介は、ホームページを見てください
http://www.setoparkhotel.co.jp/
深川神社のホームページはこちら
http://homepage3.nifty.com/seto-fukagawashrine/
posted by 三国 at 17:01| Comment(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

名古屋美人!!


IMG_2944_convert_20140929200019.jpg


名古屋に美人はいない。
先日読んだ本に書いてありました。
ひどい、言いようですね・・・。
その本には、根拠として歴史上の三英傑「信長・秀吉・家康」の存在が上げられています。

信長の安土・桃山城、秀吉の大阪城、そして家康の江戸城。
それぞれの、幕府を作るときに名古屋地域(尾張・三河・美濃)の美女をみんな連れて行ってしまい結局そうでない人しか残らなかったので、
この地域に美人はいなくなったそうです。

まあこれ、いろいろ反論はあるし、いいたい事もあるんでしょうが。
この説、裏を返せば、京・大阪・東京にいる美人さんはもとをただせばみ〜んな名古屋出身っちゅうことになります!!
よその地域で美人を見つけたら、「やっぱり、御先祖は名古屋?」と聞いて見ませう。

それにしても、
美人の定義は人それぞれです。
いろいろな意味で幼い男ほど、女性の顔立ち外見にこだわる気がします。
大人になると、美人の幅が広がりますね。


posted by 三国 at 20:31| Comment(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする