2015年11月13日

新米とダイエット。



!cid_ii_150c2f1e946539cf.jpg!cid_ii_150c2f1ec825fded.jpg!cid_ii_150c2f1f31739f75.jpg

新米おいしいですね。
三国ウェスト農場でも、今年たくさんの新米が収穫できました。
炊き立ての新米、もうとまりません!

そこで気になるのなるのは、食欲の秋ならではの「ダイエット」。
「新米こうてクレ〜」といってみんなにメール攻撃するなか、「いま炭水化物抜いてる。」「低インシュリンダイエット中〜」という人が多いです。
日本人なら、米をくっときゃいいんじゃ!!といいたいとこですが、たしかにお米はダイエットの天敵。
いや量さえ控えれば、むしろダイエットに良いのはしっていますけどね・・・。
なんといっても新米のこの季節・・・。

そこで、提案です。
玄米食してみませんか?
玄米は食物繊維も多く、ビタミンBも豊富です。
体内での吸収が、ゆっくりなので急激な血糖値の上昇がなくダイエットにぴったり。
GI値も低いので、炭水化物を抜いてる人にも満足いくはづです。

三国ウェスト農場のお米は、低農薬で作られていますし、収穫前100日は農薬を使いません。
安心して玄米のまま、食べれます。

写真は、新米を使ったきのこご飯。
きのこはもちろん場内で採れた、しいたけとくりたけ。
玄米なので少々硬いですが、その分食べ応えがあり満足度が高いです。


あっ、
新米まだ、販売してます!!
注文おねがいします!!!!











posted by 三国 at 11:15| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

野菜の摂取量。


IMG_1338_convert_20141101225442.jpg


厚生労働省の推奨する、一日の野菜摂取量は、一人350グラムです。
しかしこれに対し実際のところは日本人一日平均250グラムの摂取と言ったところだそうです。

これに対応する形で、各種野菜ジュースが発売されていますが、350グラム分の野菜を使っていると言うだけで、実際の野菜を摂取したのと同じにはならないとのことですね。

言うものの野菜350グラム、
結構量多いですよね。
これだけの野菜を毎日食べ続ければ、やせると思います。
私も大量の野菜を食べると、体調もよくやせていきます。
野菜スープダイエット・生キャベツダイエット、ともに野菜を多く食べるダイエット法です。
確かに効果はありました。
ただ続かないんですよね・・・。
野菜を食べるのって、結構大変な手間なんですよね・・・。
先の野菜ジュースも、普段まったく野菜を食べない人は効果が目に見えるそうです。
なんとか、生活改善しなければいけませんね。

この一連のハナシで、一番驚いた情報は、
なんと韓国人の野菜の一日の平均摂取量、、、700グラム!!!何だそうです。
大皿いっぱいどころではないです。
いや韓国と言えば焼肉のイメージでしたが、じつは野菜喰い大国なのですね。



posted by 三国 at 12:00| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

体操のススメ。


DH000084_convert_20140518221919.jpg

さて、以前多くのトレーニング愛好者は、強度の強い筋トレや有酸素運動を好み、
体操などを軽視する、という記事を書きました。

じつは最近、毎日の運動に簡単な体操を取り入れました。
そうしたところ、とても体調が良いです。
内臓もすっきりしますし、背中の張りも緩和されました。
気力も落ち気味だったのが、少しよい感じです。

具体的には、

両手を上にしっかり伸ばすという運動です。
あとは、丸太のようなかたちのスポンジでできたストレッチポールの上で寝転がるだけです。
これだけで、随分体調が違います。
体重も軽くなってきています。

何なんでしょう、
ヨガなどの研究科の人にアドヴァイスしても運動ですが、びっくりです。
実は馬に乗ってもこのスッキリ感があります。
ただそれには相当の上達が必要です。
誰でも簡単に、とはいきません・・・。

ハードトレーニングの愛好家が、肩が硬いというのがよくある話です。
こういう人が、ラジオ体操をすることで改善されることが良くあるそうです。
ラジオ体操も実はよく考えられたもので、すごく健康に良いそうです。

ちょっとトレーニングに関して、認識が変わりました。





posted by 三国 at 22:20| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

写真うつり。


1011796_516684255072996_1773755635_n.jpg


前回の記事での写真で、「寛一朗、やせた?」というお声を何件かいただきました。
ありがとうございます!っと言いたいとこですが・・・。
ダイエット、停滞も停滞、大変です。
まあ、ソレは置いときまして、久々にダイエットの話題らしきものを・・・。

武道をやっているときの写真は、スマートに見えることが多いです。
ひとつは、道着のせいです。
和服調のものは、直線が多くゆったりと作られているため、体のリアルなラインが出にくいです。
またやはり、日本人の体型にあっているのでしょう。
いわゆる、「似合っている」という状態ですので、痩せて見えます。

そして武道の技そのものにも、スマートに見える要素があります。
技の決まりの部分においては、何よりもバランス(重心の安定)が要求されます。
バランスの良いポーズは、スマートに見えるものです。
また、あごを引くのも実戦に置いては不可欠です。
トウゼンこれも、顔をシャープに見せています。
さらに前回の記事の写真のように体をひねって極めるような型は特に体がしまって見えます。

自分でも気に入ってよいと思える写真を、アップロードしたんですが、
やはりかっこよくシャープに見える時というのは、武道的にもうまくできている場合が多いのです。

というわけで、今回の記事の写真は去年「中日新聞」に掲載してもらった、私の紹介記事です。
記者さんに撮ってもらった、リアル寛一朗です。
新聞記事の内容も、私のリアル寛一朗について書いてもらいました。
包み隠さず、ちょっと言いにくいことまで書いてもらいました。
うん、これでいいんです。









posted by 三国 at 19:12| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

キュウリ怪、怪。


IMG_7674_convert_20120608183743.jpg

最近、更新頻度が下がり気味です。
正直日々のテンションが下がっています。
そんな僕の生活・精神状態が、ブログの更新頻度でばれてしまう今日この頃です。

まあそれはそうと、
夏の収穫に向けて、キュウリの苗なんかを植えています。
いやキュウリ、美味しいですね。
パリッとした歯ごたえ、みずみずしい果肉がノドを滑り落ちていきます。
自家製の信州味噌を擦り付けて食べると、もう最高です。

ところでこのキュウリ、すごいんです。
なんと、キュウリを食べて得られるカロリーより、キュウリの消化に必要とされるカロリーのほうが大きいんですってね。
すごいです。
食べれば食べるほどやせるキュウリ。
本来すべての食品は、カロリーを摂取し人間を飢えから救うためのものです。
キュウリはある意味、食品の定義から外れています。
いや、驚きの食べ物です。

よく東南アジアの暑さの激しい地域では、生活の知恵として体温を下げるためにキュウリを食べます。
キュウリの入った、熱いスープを飲むと不思議と体温が下がるのだそうです。
体温の下がる理由は、よくわからないとのことですが、
結局、カロリー消費によるところが大きいのですね。

これからの暑い季節、キュウリを食べて乗り切りますか。
ダイエットにも良いですしね。

少し前まで、体重が増加傾向にあった私ですが、最近また減り始めました。
スポーツクラブに行く時間が、取れ始めたり、
サプリメントを変えたりしたことが良かったのかもしれません。
ダイエットには何かリズムのようなものを感じます。
良いときと悪いとき、うまくリズムをつかみながら体調管理ができると余計なストレスを感じなくてすみますね。








posted by 三国 at 18:42| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

酒は甘口?辛口?



IMG_1756_convert_20120524200512.jpg

お酒は、辛口に限る。
こんな偏見を持っています。
大体、甘いお酒なんかは女子供の飲むもので、いい年した男が飲むものではないというのが私の周囲大体の意見といったとこです(ちょっと問題のある発言ですね・・・)。

そもそもワタシがお酒を飲み始めたのは、洋画にでてくる男たちがのむ格好にあこがれてです。
テレビの中の俳優たちはみな、ウイスキーやラムといったお酒を、ちょっとにらむような顔つきで飲み干していたものです。
(楽しく飲むのは、ビール。なんて感じですかね。)
もちろん映画によってはワインやカクテルなんかも出てくるのですが、それらはなんとなく気取ったお酒、もしくは軟派な雰囲気で飲まれているものでした。

そんなイメージからか、今でも私が飲むのはもっぱらビールにウィスキー。
最初に持ってしまった先入観ってこわいです。

そんな私ですが最近、チューハイなんかを自室でたしなんでいます。
とあるエッセイ漫画で、主人公がチューハイを炭酸水で割って飲んでいると書いてあったのがきっかけです。

辛口のお酒、良いんです。良いんですが・・・。
つまみが美味しくなってしまうんです。
ついついビールウイスキー、食べるほうも深夜グイグイ進んでいきます。
うん、良くないですね、ダイエットしなきゃ。
最近ダイエットも順調ならづ。
原因のひとつに、酒のつまみがあることは間違いがありません。

甘いお酒の良いところは、つまみを食べなくなるところです。
炭酸で割ると、たくさん飲んだ気になれるし甘くなりすぎず、のどごしも爽快です。
なかなか美味しく飲めて、量のコントロールもばっちし。
今年の夏は、これで攻めてみようと思います。

ちなみに辛口のお酒が流行するときは、世の中が不景気のときだそうです。
逆に甘口のお酒がはやるのは、好景気のとき。
この法則、不思議と全世界共通なのだそうです。
(これって個人には、当てはまらない法則?ですよねー。)




posted by 三国 at 20:27| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

押麦。


IMG_8028_convert_20111121211726.jpg


ええ〜っと。
ダイエット、いまだ継続中です。
成果は・・・。

今のところ劇的な効果は無いにしても、一定の効果があり現状維持に大きく貢献しているダイエット法が「玄米食」です。
玄米食については、以前も記事にしたことが有ります。
実際、長い眼で見れば体にもよいし、体重の低減に効果が有ります。
何よりお米の外皮のほとんどである食物繊維は、体調管理の点からも有用です。

しかしこの玄米食、大きな欠点が・・・。
味がいまいちなんです。
最初は「おっ!玄米意外といけるじゃん。」とか思うんです。
しかししばらく続けると、やっぱり白米が恋しくなります。
たまに外食などで白米を食べると、余りの美味しさにビックリしてしまいます。
ワタシなんか、久しぶりに白米を炊いたら、お釜を開けたとき白米の眩しい白さに一瞬めまいがしました。

っで、
この前スーパーで、押麦を見つけました。
押麦です。
そう給食で食べましたよね、あれです。
値段も手ごろだったので、買ってみたのですがこれが非常によろしいです。
玄米のパサパサ感が随分無くなり食べやすくなりました。
味も上々。

中国の古典などでは、「シラミを噛み潰すような食感」とさげすまれる麦飯ですが。
一度つぶしてある押し麦は、玄米の食感とよくマッチングします。
是非お試しください。



posted by 三国 at 21:34| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

冷水法とガッツ石松。


IMGP0821_convert_20111021205832.jpg


先日アップした冷水法の記事の追記です。
その後、古本屋で購入したガッツ石松さんの本を読んでいたところ、
やはり彼も、独特の冷水法をトレーニングに取り入れていたそうです。

彼の場合、怪我の治療に冷水法を使っていたそうです。
例えば手をひねって動かせないほどの捻挫も、一日あればほとんど治ってしまったそうです。
方法は、サウナに入りながら患部を氷水で冷やすのだそうです。
マッサージと組み合わせ、一晩で怪我を治してしまうそうです。

勿論彼の超人的な回復力もあるとは思いますが、
中々理にかなっています。
突き指なども、まづ徹底的に冷やすのが早期回復のコツです。
サウナと併用し、上手に自己回復機能を刺激しているのでしょう。

ワタシも、トレーニング後の冷水シャワーや冷水風呂で、すこぶる体調がよいようです。



posted by 三国 at 21:10| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

冷水浴。


IMG_3371_convert_20110929191447.jpg


新しいダイエットのコツです。

先日、スポーツアドバイザーのかたが来場しました。
春日井で、マッサージ・ストレッチ・トレーニングをトータルでサービスする事務所を運営する、本格的・専門的な知識を持つ人です。
そのうちキチンと紹介したいと思っていますが、
とても興味深い、実践的なダイエットアドバイスをいただきました。

細かい方法は、色々あるのですが、
大まかに言うと、「トレーニング後は、冷水浴をするべし。」
とのことです。
こうすると、トレーニングを終えても脂肪燃焼が長く継続するんだそうです。
逆に温かいお風呂にはいると、体が安心してしまいそこで脂肪燃焼が終わってしまうそうです。

そういえば、
安倍譲二の名作「塀の中の素敵な面々」で、
冬の刑務所、お風呂上りに冷水を1杯体に浴びると、夜からだがホカホカし寝つきが良くなると書かれています。
まさしく、体が燃焼しているのでしょう。

また、
ワタシの養正館武道の師匠望月紘雄も、疲れたときはプールに入ればよろしいと常日頃言います。
実際かなり寒い日でも、水に入っています。
体が・気持ちが引き締まると同時に、体が緊張し免疫機能が向上し風邪などもひかなくなるそうです。

そういわれてみれば、
昔アントニオ猪木も、体の調子が悪いときは冷水風呂に入るとテレビで言っていました。
ただ彼は、ホテルの浴槽に氷を何キロも入れて入っていました。
ちょっと常人には無理かもしれません。

このダイエット法、これからの季節チョッと厳しいですが、
実践していこうと思います。

しかしナンですね。
ダイエットがテーマの記事に、自家製ローストチキンの写真、
業が深いですね・・・。







posted by 三国 at 19:47| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

玄米食のススメ。



IMG_3047_convert_20110901150153.jpg

さあ九月になりました。
めっきり三国山も秋めいてきて、日々涼しさがましております。

夏は汗をかき代謝が良くなる為、ダイエットに適しているといわれます。
しかし逆に言えば、暑い為体温維持にカロリーを必要とせづ、痩せにくいともいえます。

季節を言い訳に、ダイエットに力を入れたり入れなかったりしがちですが、
季節にかかわらづ、ダイエットは継続することが肝要です。

最近私が行なっているダイエットは、玄米ダイエット。
主食を白米から玄米に切り替えるだけのダイエットです。
農協に行けば、白米と同じように玄米が買えます。

腹持ちがよく、腸の調子もよく、なかなか具合が良いようです。
心持ち、体重も減ってきています。
体の調子も、とてもよかったです。

最初一月ほどは、本当に体の調子が良かったのです。
しかしどうも疲れが溜まりやすく、体調が悪くなってしまったのです。
色々調べてみると、はっきりしたことはわからないのですが、
玄米のデトックス(毒素排出機能)が強すぎて、本来体に必要なビタミン・ミネラルまで排出してしまうようなんです。
いづれの説も、はっきりした物ではなく、いろいろなことを言う人がいるのですが・・・。

サプリメントでビタミン・ミネラルを補うようにしたら、体調が戻りました。
何事も極端は、良くないですね。
今は程ほどに、玄米食と付き合っています。
それでも中々体調は良く、一度試してみる価値はあると思います。



posted by 三国 at 15:04| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

試練の秋。


IMGP0624_convert_20100925215213.jpg

めっきり涼しくなりました。
朝晩の三国ウエスト農場は、15℃前後です。

就業時間になると、夕日で三国山がピンク色に染まります。

食欲の秋・馬肥ゆる秋、ダイエットが難しくなる秋です。
これから冬に向けて、生物として脂肪を溜め込もうとする体の本能に立ち向かわなければなりません。

夏に順調に減り続けた体重に油断して、気のゆるみが出るのもこの季節です。

夏と同じ運動をしても、体重が落ちにくくなっています。
そんな、私たちに最後のチャンス。
まだ秋になりたての今、まだ体が夏と勘違いしています。
今の内に、ダイエットに励みいよいよ来る冬に備えましょう。

posted by 三国 at 22:05| Comment(2) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

ダイエット事始め。


IMGP0267_convert_20100920111140.jpg


お話が、随分前後します。
今回の話題は、「ダイエットを始めるにあたり」です。

思うに、
ダイエットを始めるにあたり、一番必要なことは「まず、己は何ゆえ太っているのか?」をきちんと把握することです。
太っている原因は、人それぞれです。
その原因を排除することで、ダイエットは成功します。
巷に蔓延するダイエット法は、この「原因」を排除する方法に他なりません。
したがって「原因」の把握が無ければ、「方法」の選択の仕様が無いのです。

よく、あのダイエットを試したけど効果がなかったというのは、
そのダイエット方法がその人の「原因」に合致しなかったということです。

人が太る理由は、それぞれです。
食べ過ぎて、カロリーオーヴァー。
循環の悪い人。
運動不足。
    ナドナドデス。

少食なのに、太っている人もいます。
そんな人が摂取カロリーを減らしても、良い結果は生みません。

ちなみに、私の場合は原因は主に3つ。
一つは、血糖値のコントロール不安。
次に、筋肉や肩の凝りに代表される体の循環不良。
最後に食べすぎ(基礎代謝プラス消費カロリーよりたくさんカロリーを摂取しているという意味)。

これらを改善することで、体重を減らすことが出来ました。

一つのダイエット法に行き詰ったときも、決してあきらめないでダイエット法を変えてみることでまた体重が減り始める事があります。
無理をしないで、継続していきます。

では引き続き、私もダイエットしていきます。
最近停滞気味ですが・・・。



posted by 三国 at 11:14| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

食事の量とアジア人。

IMG_4250_convert_20100402132643.jpg

日本人を始めとするアジア地域の人々は、欧米人に比べると食事の量が多いです。

こう書くと「エッ?」と思われる方が多いでしょう。
一般的に、我々日本人は体格の大きい欧米人の方が大食感だと信じています。

しかし実際には、特に「量」の問題だけに限って言えば、東洋人の方が西洋人より食事の量は多いです。
私自身、留学中「日本の人はたくさん食べるからね〜。」とよく言われました。
もちろんお断りしておきますが、私個人のことだけをさしてでは無いです。
こんなことを書くと、アメリカで食事すると大盛りだよという人がいます。
でも良く観察すると、殆どのアメリカ人は食事を平気で残します。
まあ、結局豊かなんでしょうか。

これは、おそらく日本人がお米や穀物を主食とすることによると思われます。
肉などを中心とした食事をとる西洋人と比べ、穀物で必要なエネルギーを摂取する東洋人の方が必然的に嵩(かさ)を多く食べなければならなかったからでしょう。
ですから、東南アジアで伝統的な生活をしている山岳民族の人々は副食を殆ど摂らず、お米だけを食べます。
唐辛子と塩で作った、ふりかけだけで大量にお米を食べます。
その量、洗面器一杯分。
でも、お米だけで必要な栄養を摂取しようと思えば、それだけ食べなければならないのでしょう。
日本でも、副食をあまり摂らない江戸時代の食事などは、ご飯の量がかなり多かったと聞きます。

余談ですが、硫黄島で日本軍の数倍のアメリカ軍が押し寄せたのは、
アメリカ軍のCIA(スパイ)が、日本軍の兵力の数を勘違いしたことが原因と言われています。
日本軍のトイレを調べ、兵力を換算しました。
その際、お米を主食とする日本軍の一人当たりの排泄量がアメリカ人のそれを大きくうわまったため、情報員が誤った情報を伝えてしまったそうです。

欧米型になった日本の食事といわれ、久しいですが。
食事の量が従来のままでは困りますね。

ちなみに本日の写真は、三国ウェスト農場特製「鴨のロースト」です。
アアッ!! 食べ過ぎちゃあダメなのに!!





posted by 三国 at 13:35| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

僕がジムに行く理由。


IMG_5920_convert_20091106184100.jpg

私がジムに行く理由。
最初は、純粋にダイエットの為でした。
食事の管理だけではなかなか体重が減らないので、スポーツジムに入会を決めました。

しかし、
最初こそ順調に体重が減っていましたが、そのうち簡単には体重は減らなくなりました。
そうしているうちに僕の中で、スポーツジムへ行く理由が少しずつ変化してきました。

ジムで一定の負荷を長時間身体に掛け続けていると、思考がフラットになっていきます。
何も考えないわけではないですが、マイナス思考が薄れ、余計なことを考えなくなってきます。
たとえて言うなら、就眠前の脳の状態に近くなってきます。
それはとても快感です。
禅を組んでも同じ状態になるかもしれません。
嫌な事があったり、気分が落ち込んでいるとき、一日の最後に脳をこの状態に持っていけることはとても心が落ち着きます。
実際、気分が落ち込んでいるときでも強制的に身体を動かした後は、気分が前向きになってジムを出ることが出来ます。

科学的には、脳内のセロトニンという物質が、運動によって分泌されるからだそうです。
セロトニンは鬱状態から脳を回復させるに不可欠の物質だそうです。
これを強制的に脳に放出させることで、自分の心を安定させることが出来るのです。

もちろん、乗馬や養正館武道でもセロトニンは放出されます。
もうドバドバ出てきます。
一定の緊張感を伴う運動は、ストレス解消効果・セロトニン分泌効果が高いといわれています。

しかし私の場合は乗馬・武道ともに、責任者としての立場があり、自分の世界に引きこもって集中するわけには行きません。
その点、スポーツジムは誰にも気がねせづ、自分の内面と向き合うことが出来ます。

ちなみに、ジムに通って、少しづつですが体重も減り続けています。


posted by 三国 at 20:14| Comment(2) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

スポーツジムに。

IMG_7047_convert_20100209184625.jpg

先日テレビを見ていましたら、勝間さんが出ておりました。
勝間さんは経済評論家として熱狂的なファンが多くいて、カツマーなる言葉まで生み出された正に時の人です。

私自身、何冊か勝間さんの著書を読ませていただいて、多く勉強させていただきました。

勝間さんは忙しい時間の中、ジム通いを欠かさないそうです。
身体を鍛えるのに2時間使っても、2時間寿命が延びれば投資的価値があるのだと説明していました。

なるほど、
そんな考え方もあるのだと感心しました。
私も実はスポーツジムに通うことを好み、週に数回はジムに行きます。
ただしその理由は、勝間さんとは大きく異なります。

私がジム通いをしているといえば、多くの人が驚きます。
仕事が乗馬・趣味が養正館武道、そして余暇にスポーツジム。
明らかにやりすぎです。
もうこれ以上運動は必要ないとかもしれなくても、あえてジム通いを欠かしません。
私がジムに通う理由、
それは端的に言って、心と神経を休める為です。

詳しくは次回に、



posted by 三国 at 18:58| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

運動の強度とダイエット

IMG_6274_convert_20091203201431.jpg

最近、結構運動しているんですが中々痩せません。

スポーツインストラクターの指導を受け、運動プログラムを組みなおしました。
どうやら運動の強度に問題があったようです。

同じ運動を続けていますと人間はその運動に慣れていってしまいます。
そうするとより高い効果を期待する為、運動の強度を上げていってしまいます。

脂肪が効率的に燃焼するのは、ひとによって違いはあるもののおおよそ130〜140の心拍数で運動しているときだそうです。
それ以上の強度の運動は、脂肪より糖質が燃焼されるそうです。

私の場合、ダイエット効果を求めるあまり160前後で運動していました。
これでは同じ時間運動していても、長期的に見ると効率的に痩せていきません。
汗はたくさんかくので、運動後は痩せたように感じるのですが・・・。

なかなか自分ひとりでダイエットをしていても気づかないことがあるものです。

posted by 三国 at 19:32| Comment(3) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

お酢と柔軟とダイエット


IMG_4392_convert_20091119185603.jpg

お酢を毎日飲むと、体が柔らかくなる。
昔こんな話がありました。
今では、一種のスポーツ界の俗説としてあまり科学的根拠の無い話として理解されているのではないでしょうか。

実際、私の経験からもお酢自体に体をやわらかくする効果は無いと思っています。
しかしお酢は体の血流を良くする効果があるようです、それもかなり即効性があります。
私の場合は、ショットグラス一杯程度を摂取すると10分ほどで自覚症状があります。
私自身は以前より、肩こり・背中のこりに悩まされています。
お酢を飲むと、いままで硬かった肩や背中が血が流れ火照ってくるのを自覚することが出来ます。
その感覚は、お酒を飲んだときに似ています。

このことからお酢そのものは柔軟性を高めることは無いが、体の柔軟性を阻害している原因(血行不良等)を取り除くには有効であると考えています。
ですからお酢を飲んだだけでは体は柔らかくはならないけども、柔軟運動と一緒にお酢の摂取を心がければ一定の効果があると思われます。

ではお酢のダイエット効果についてはどうでしょう。

やはりお酢を飲むだけでは痩せません。
しかしお酢には前記の血行促進機能にくわえ、不純物の排出機能にすぐれた効果があるといわれています。
このことからダイエットを阻害する原因を排除する効果が期待できます。
また、代謝不全などから痩せにくくなっている人などは、場合によってはお酢を飲むだけで痩せるかもしれません。
ですから、ダイエット中のかたは上手に食生活にお酢を利用すると良いでしょう。

雑記ですが私の周囲の人に限って言えば、太った人に限ってすっぱいものが苦手な傾向にあります。
私も体重が増加傾向にある時期は、お酢に食指が伸びません。
何か身体が拒否するようです。

このお酢の摂取ですが、そのままストレートで飲むのは大変です。
料理に使うのが良いのですがそれでは量が摂取できません。
人それぞれ工夫すると良いです。
私は、トマトジュースに混ぜて飲むのが好きです。
また中華系のスープにお酢があうので、よく入れて飲んでいます。
お酢がたくさんとれる料理を御存知のかた、ぜひご一報ください。



posted by 三国 at 19:37| Comment(2) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

果糖とダイエット


IMG_3420_convert_20090811213108.jpg

食品の原料名に、この「果糖」という文字を見ることが多くなりました。

一見果物を原料とした、健康的な添加物と思いがちです。
ワタシハ、ソウオモッテマシタ。
しかしこの果糖、本名を高果糖コーンシロップといってダイエットの大敵なのです。
果糖はサトウキビから作る砂糖と異なり、穀物コーンから作られとても安価です。
清涼飲料水などはこの果糖を使用することで20パーセント原料費を削減できるそうです。
その結果、ビッグサイズの商品を利益を上げたまま販売できるようになりました。
またこの果糖をパンに混ぜると、焼きたての焼き色をずっと付けることからコンビニパンなどに多く添加されています。
このようにシラヅシラヅの内に摂取される果糖は体内に蓄積されていきます。
この高果糖コーンシロップ、脂肪代謝を抑制させてしまうという説もあり、この点でもダイエットの敵になりえます。
またコーンから作られた食品は総じて血糖値を急激に上昇させるとの報告もあり、注意が必要です。

そうは言っても糖分は脳の大事な栄養素です。
子供の脳の育成には必要不可欠です。
成人でもイライラを抑えストレス対策に有用です。
運動前に糖分の摂取をすることで脂肪の燃焼を促す効果もあります。
食事前の30分に砂糖入りの飲み物で食事での急激な血糖値を防止することも知られています。

結果、健康な砂糖を適正に摂取することがダイエットまたは健康に必要ということです。
サトウキビから採れた砂糖。
穀物メジャーに毒されていない砂糖を摂取しましょう。

注意:写真は、ドライフルーツの詰め合わせです。
    果糖とは関係ありません。


posted by 三国 at 21:54| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

食べないダイエット


IMG_4806_convert_20090708211941.jpg


あごを怪我した影響で、食事が取りにくい状況が一週間ほど続きました。

ここしばらく順調に体重が減っていたこともあり、これを機会に一気に体重が減るかと思ったんですが・・・。
以外と減りませんでした。
一キロも減っていません。

最初の三日ほどは良かったんです。
筋肉の線も出てきて、ダイエットが上手くいっているように見えました。
しかし、四日もすると体のラインが崩れてきます。
お腹や胸・肩などがたれ下がり気味になり気力も落ちてきます。

また食欲が出てきたときに、余分に食べてしまいますので結果一週間の差し引きはゼロになってしまいました。

食べないダイエット、お勧めできません。





posted by 三国 at 21:33| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

データ公開・再決意

IMG_4028_convert_20090619184805.jpg

これから夏になります。
ダイエットのチャンス到来です。
冬はどうしてもダイエットが上手くいきません。
それは寒いときに脂肪を溜め込むという、原始以来の人間の本能です。
冬は食事も脂っこくなりやすいし、体の循環も悪くなってしまいます。

私のダイエットもここ数ヶ月停滞期を迎えていました。
まったく体重が減りませんでした。
それどころか、軽くリバウンドまでしてしまいました。

ここで、夏を向かえ新たにダイエットを始めるつもりで自分の体の分析をしました。

身長 173cm。
体重 102`
BМI 34 !!
体脂肪率 23%
脂肪重量 24`

端数は切り捨てた数字です。

冷静に自分のデータをはかり新たなダイエットスタートです。




posted by 三国 at 18:09| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。