2014年10月31日

中古車購入。


IMG_0164_convert_20141031225232.jpg


車の買い替えをしました。
乗っていたパジェロミニの車検が切れたのと、クラッチの不調を理由に思い切って買い換えました。
パジェロミニからパジェロミニに・・・。

カラーと年式が変わっただけです。
もちろん中古です。
「なんで?」「そんなに、パジェロミニ好き?」
ウーン、、そういうわけではない・・・。
まあ冬の雪道を走るのに、どうしても4WDの車は欲しいんです。
でも、どうしてもパジェロミニかといわれればそうでもない。
しいて言えば、
新しい車を選んだり、ソレを運転するに慣れていく一連の作業がめんどくさくなってしまったんです。
どうも自分も年をとってきて、新しい事柄に対応するのができなくなってきているようです。

実は最近ずっと使っていたデジカメも壊れてしまいました。
これも同じメーカーの同じシリーズの、ちょっと年式の新しいものを買ってしまいました。
あたらしく使い方を覚えるのがめんどくさくて・・・。

いけませんね。
これが進むと、毎回同じ人と同じ飲み屋に行って、同じメニューを食べ同じ話を繰り返すようになってしまいます。
気をつけます。

いやしかし、
知り合いに、何度も同じ人と付き合ったり分かれたりするカップルがいますけど、
もしかして、おんなじ理由ですかね?
新しい恋をするより、焼き直しのほうが楽って?
まあ、私も昔好きだった人と今一度・・・と思うことは多いですね実際。



posted by 三国 at 23:56| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月18日

ラジエータートラブル。


IMG_9838_convert_20120818221805.jpg


ここのところ、自動車のトラブルが続いています。
不思議なことに、こういったことは続いて起こる傾向にあります。
今回は、軽トラとパジェロミニ。
両方とも、ラジエーターのトラブルです。
水温計があがりっぱなし・・・。
水を足しても何しても効果はありません。
両車両ともに、古いものなので仕方ないといえば仕方ないのですが・・・。
愛着があるのでできれば修理したいところです。

ちなみに、ラジエーターがオーバーヒートして温度が下がらなくなったときの、応急的な対処法があります。
以前ハチロク乗りオネイ様に教えてもらいました。
(彼女の車もよくオーバーヒートしていました・・・。)
今回急遽思い出して、実践させてもらいました。
つらかったです・・・。
その方法とは、車の暖房を全開にして少しでもエンジンの熱を放熱するというものです。
最高気温35度の日中。
たいへんつろうございました。

さてこの車たち、はたしてどうなることでしょうか。

写真は自動車社会のスーパーヒーロー、JAF。
肉体派のきびきびしたお兄さんが、機動的に自動車トラブルに対応してくれます。
今回は幸いお世話になりませんでしたが、
やはり会員になっておくと、安心感があります。


posted by 三国 at 22:32| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

雨漏れカプチーノ。



IMG_4075_convert_20120331151159.jpg


イヤー、今日はすごい雨ですね。
こんな日は、馬もお部屋から出られません。

日ごろオープンカーに乗っていると、オープンカー乗り同志で盛り上がる共通の話題があります。
こんな雨の日、オープンカーユーザーが持つ共通の問題は、
「雨漏り」。

うんそう、雨漏りしちゃうんです。
古い車だからからしょうがないといいつつも、意外と新しい車のユーザーでも雨漏りの悩みがあるようです。

依然読んだ「神足ゆーじ」の本で、

「真のオープンカーのりは、雨でもフルオープンで走るべし。」

神足(こうたり)さん、いわずと知れた流行語大賞の審査員。
自動車評論家でもあるそうですね。

確かに、オープンカーは構造上風が車体の上を流れるよう設計されています。
ですから理屈としては、疾走中のオープンカーの車内には雨は入り込まないのですが・・・。
しかし、どうしたって車は信号で停止します。

神足さん、いわく。
「フルオープンで雨の日信号待ちするときは、おもむろに助手席から傘を取り出しさせばよい。」
のだそうです・・・。

アッ、写真の車、私のカプチーノではありません。
オープンカーつながりで、お客さんの車を載せさせていただきました。
いや、かっこいいですねー。


posted by 三国 at 15:16| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

救急車。

IMG_7154_convert_20100309183058.jpg

自己の幸福のレベルを下げなさい。

これは精神科医の香山リカさんが提唱する、人生を楽にするキーワードです。
いい年した大人のお医者さんがペンネーム香山リカ(リカちゃん人形の本名)を名乗る痛さは別として、香山リカさんの本、結構よく読みます。

最近、私の幸福を感じた話です。

先日自動車を運転していましたら、救急車が後ろから走ってきました。
最近のドライバー、救急車が来てもなかなか道を譲らないことが多いです。
しかしそのときは違いました。
二車線ある道路一杯に並んだ10台以上の車が、まるでテトリスの駒のように整然と救急車の通り道を作ったのです。
その淀みない動きは、まったく救急車の動きを邪魔することがなく、事前に打ち合わせがあったような動きでした。

あまりにスムーズなフォーメーションの動きに、偶然隣り合ったドライバーたちに奇妙な連帯感を覚えたほどです。
通り過ぎた救急車の運転席から我々にお礼の手が振られたとき、なんだか社会の一員として役割を果たしたという誇らしさのような感情を覚えました。

まあたいしたことじゃあないし、考えてみれば当たり前のことなんですけど・・・。

そうそう、香山リカさんのここ数年最大の幸福感を感じた出来事は、

ローソンのから揚げ君レッドにから揚げが一個余分に入っていたことだそうです。

うおーっ!!
そいつぁーうらやましい。

posted by 三国 at 18:32| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

キーが凍った時の対処。

IMG_6517_convert_20100107191616.jpg

寒い。
再び寒波到来ですね、
皆さんの町はどうですか?
三国山では、一日中雪がチラチラ舞っています。
まあそんな中でも、馬たちは元気に走り回っています。

こんな寒い日が何日か続く中、自動車を外に放置しておくと、朝ドアのキーが凍ってしまうことがあります。
こんなときの対処法を一つ。

車の鍵を、ライターかバーナーで炙ってしまいます。
そうしておいてから鍵を差し込めばあら不思議、アッというまに問題解決です。
やりすぎると、やけどしますけど。

posted by 三国 at 14:08| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

パジェロ・ミニで温泉

IMG_6530_convert_20100113182227.jpg


イヤー、寒いっすね。
身も、心も。

ドンだけ寒いか身をもって経験する為、本日仕事終了後露天風呂のある山中の温泉へ。
こんなとき新しく購入した、パジェロ・ミニは大活躍。
服を脱ぎタオル一枚で、マイナス七度の世界へGO!

数秒で意識が薄れてきます。

急いで温泉に入ると、外気と湯の温度差で皮膚がピリピリします。
肌が温泉に慣れると、頭はカチカチに冷えているも身体はホカホカまさに頭寒足熱。
見上げるとシンシン降り注ぐ雪雪雪。
最高です。

パジェロ・ミニを買ったとたんに気象庁の暖冬宣言。
ほっとするもなんだか残念な気持ちだったのですが、
パジェロ・ミニ、大活躍です。
マニュアル・四駆の軽自動車は、どんな悪路も走破します。
とっても心強い、今年の冬の相棒です。

カプチーノは、しばしお休みですね。

posted by 三国 at 19:46| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

初雪

20091215214543.jpg

今年は随分遅くなりましたが、初雪が降りました。

朝、出勤と同時に雪が降り始めました。

私の愛車カプチーノですが、去年はスタッドレスタイヤを履かずに冬をすごしました。
去年は雪がほとんどふら無かったので、何とか乗り切れました。

今年はどうでしょう。
なんだかスタッドレスタイヤ買わなければいけなさそうです。
カプチーノみたいな車は、スタッドレスタイヤを履いたところで雪道は元々走れないかもしれません。
それぐらいだったら、冬用の車を用意しようか迷うところです。
スタッドレスタイヤ、高いですから・・・。

まあそれでも今年はエルニーニョの影響で暖冬というニュースもあります。
カプチーノで、スタッドレス。
これでこの冬を乗り切りたいと思います。


ユーチューブで、カプチーノが雪道を疾走している動画がありました。
いけるのか? カプチーノ。
posted by 三国 at 18:16| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

オイル交換

IMG_5840_convert_20091022200007.jpg


ここ数ヶ月、愛車カプチーノ君の調子がよくありませんでした。
低速・低回転でのエンジンの回転が不規則になりがちでした。
時にはエンストも起こります。
まあ古い車だからと思い、強引に乗り回していました。

ある日やっと気づきました、
オイル交換していないことに。
確認すると、オイルの交換時期を大幅にオーバーしています。

あわててオイル交換をしました。
自動車の下側のボルトをひねるとあふれ出す真っ黒いオイル、おもわず「ごめん」と言いたくなります。

洗浄剤をいれ新しくなったオイルに入れ替えたカプチーノのエンジンは絶好調です。
燃費も意識できるぐらい上がりました。
いままで強かった停車時の振動も、ほとんどなくなりました。

いや、オイル交換大事です。
人間もガソリン(カロリー)だけでは動けません、オイルもたまにさしてあげないと・・・。



posted by 三国 at 18:57| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

トヨタ車米国リコール問題

IMG_5475_convert_20091002194858.jpg


アメリカにてトヨタ車のリコールが行われたそうです。
踏み込んだアクセルが床にひいたマットに絡み、アクセルが戻らなくなることによるものだとのことです。

これは、私自身も経験したことで以前ブログにも書きました。http://mikuni-west.seesaa.net/article/118411311.html
本当に、背中の毛穴が開きっぱなしになるぐらいあわてたものです。

実際、犠牲者まで出ているこの問題ですが、
今回のリコールで、改善されれば良いかと思います。


しかし思いますに、こういった事故はやはりオートマ車のほうがリスクが多いような気がします。
すぐにクラッチが切れないことはもちろん、
その構造上加速の際、マニュアル車と比べアクセルを強く踏み込まなければいけないこともトラブルを助長する原因ではないでしょうか。
また、オートマ車は一度アクセルを踏み込めばどんどん加速するだけ加速していくのも怖いです。

たびたびニュースになる、前進とバックを間違えて店舗や歩道に突っ込んでしまう事故もマニュアル車では起こりづらいです。

確かに、オートマ車の運転は楽です。
少し疲れているときは、マニュアルではなくオートマ車のほうがやっぱりいいなと感じます。
まあ、それがまた事故の原因になるかもしれないんですが・・・

現代社会においては、便利になった分リスクが増加しています。
このことは、車にかぎらづ共通した事項です。
便利とリスクは背中合わせであることを私たちは認識しなければならないです。


ちなみに、
アメリカと日本は、オートマ車が占める割合が全体の9割近い点で共通します。
ヨーロッパでは、マニュアル車が8割です。
うーん。
分かるような気が・・・
posted by 三国 at 19:50| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

新機能発覚!!

IMG_4544_convert_20090606202309.jpg


愛車カプチーノ、

足元になんだか奇妙な突起、
気づいてはいました、
今日、無意識にクリクリいじっていたところ、
おおっ!サイドミラーがうごくっ!!

知りませんでした、

今までカプチーノ君が小さいことを良いことに体を乗り出しサイドミラー手で動かしていました。
グリグリ強引に動かしながら、動かしづらいなー錆びてんのか?
とかなんとか思っていました。

だって、中古で買ったとき説明書無かったんだもん。
しょうがないんだもん。

イヤー、無知って怖い、
カプチーノよ悪かった。

posted by 三国 at 20:25| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

びっくり

20080902205748.jpg

愛車カプチーノを運転しているときです。
カプチーノはスポーツタイプといえども所詮660CCの軽自動車です。
長い坂道を登るときなどは、アクセルをいっぱいに踏まなければならない時があります。
その時もそうでした、アクセルを目いっぱいに踏み込み坂を上がりきったその時それは起こりました。

アクセルが戻らない!!!

背中の毛が一斉に立ち上がるのを感じました。
幸い周りに車もおらず直ぐにクラッチペダルを踏んだので大事には至りませんでした。

原因は、ずれたフロアマットに踏み込まれたアクセルペダルが引っかかってしまっていたことでした。

これがもう少しクラッチを切るのが遅れたら、
もしAT車だったら、
冷や汗が止まりませんでした。

運転中は本当に何があるか分かりません。
細心の注意が必要です。
posted by 三国 at 19:39| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

例の赤い車

IMG_1851_convert_20090313205546.jpg南フランスにあるフェラーリのディーラーです。
毎日通う乗馬クラブへ行く途中の道にありました。
中に入ってみる勇気が無く、毎日外から恐る恐る覗き込んでいました。
展示してある車、どれも値段書いてなったんですが・・・
しかし、フェラーリの赤い車がズラッと並んでいると迫力ありますね。
あまりフェラーリのことを知らない私でもなんか感動してしまいました。
うろ覚えの知識で恥ずかしいのですが、日本の靴メーカーの本社ビルの正面玄関にフェラーリを展示している会社があるそうです。
この会社では、フェラーリの完成度の高いデザインを毎日社員さんたちの目に触れさせることで、感性を磨いてもらい、さらなる自社製品の向上を促しているそうです。
最初この話を聞いたときは、社長の成金趣味か? なんて失礼なことを思っちゃったりなんかしちゃったりしてみたんですが、実際自分の目でじっくりフェラーリを見てみると、
意外と合点がいくお話です。
posted by 三国 at 13:13| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

愛車紹介

20081009162043.jpg20080902205748.jpg前年度、買ったばかりの私の車です。
スズキのカプチーノ。
なんだかラジコンカーに実際に乗っているような感じの車です。
これから、暖かくなったら、フルオープンで三国山を走りたいです。
この車、駅からの送迎にも使っています。

posted by 三国 at 11:18| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする