2009年03月10日

えひめAI

IMG_2780_convert_20090308213126.jpg亀井ファーム・亀井さんからの投稿です。
今回は、地球に優しい「えひめAI」のお話です。
えひめAIは、油汚れなどそのまま排水溝などに流してしまうと地球に優しくない有機物を分解・無害化する菌です。
えひめAIは、ご家庭で簡単に作れます。
えひめAIは、「地球の秘密」という作品を書いた、坪田愛華ちゃん(故人)によって発案された物です。
愛華ちゃんの意思により、えひめAIには特許などは付いていません。
皆さん、どんどん作って、どんどん地球を綺麗にしましょう。
えひめAIを、台所に霧吹きすれば、悪臭が消え、配管のぬめりが消えます。
また、えひめAIの混ざった排水は、流れていった先の河を綺麗にします。
亀井ファームでは、えひめAIを、農業に利用しています。
えひめAIに含まれる納豆菌・乳酸菌・酵母菌は土の中に住む微生物の活動を活発にします。
またこれらの菌は、腐敗菌をはじめとした畑の有害な菌の活動を抑制し作物の病気を予防します。
そして、えひめAIに含まれる菌が土中のたんぱく質をアミノ酸に変えることで作物が元気になります。
つまり、えひめAIに含まれる菌達が食物連鎖の核になり、最初の一滴になり、田畑を豊かにしていくんです。
では、えひめAIの作り方です。
材料:イースト菌50g・納豆10粒・黒砂糖1`・ヨーグルト1g
これらを、35℃のお湯18gで混ぜビニールをかぶせて保存。
一週間程度で出来上がりです。
PH値は3〜4、舐めてみて、ちょっとすっぱいと感じたら出来上がりです。
posted by 三国 at 19:20| Comment(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

新規就農トライアル

IMG_2779.JPG現在、マスコミ・行政などが若者に向けて農業への参入を呼びかけています。
確かに、農業は多くの魅力があり、やりがいのある仕事の一つです。
しかし、現時点においていまだ地域レベルでの新規就農者の受け入れ態勢が充分とはいえないのも事実です。
私たちも、農業を始めたばかりですが、将来三国ウェスト農場が農業を志す人の支えになれるとウレシイデス。

ちなみに、これから本気で農業に参入してみようという方は、各県にある農業大学校に通われてはいかがでしょうか?
およそ10ヶ月の間で新規就農に必要なことは大抵教えてくれるそうです。
学費も教材費以外は無料(愛知県)ということで、意外と御得だと思います。
写真は、ファーム亀井のマスコット、バーニーズマウンテンドッグのインディー君です。
今は、かわいい子犬ですが一年もすると体重40キロ前後の巨犬になります。
楽しみのような、怖いような・・・
posted by 三国 at 23:11| Comment(3) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

中古耕運機

IMG_2846.JPG古い耕耘機を五万円で購入。
当初そんなに使う予定もなく、そのまま放置。
1年ぶりにエンジンをかけてみたら・・・
案の定、動きません。
みんなで散々、弄り回して 燃料ポンプに空気が混入していることが判明。
一年ぶりに稼動した耕運機はシャア一号機と名づけられ今後大活躍の予定です。
posted by 三国 at 16:56| Comment(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

農地造成

IMG_2997.JPG先週、農地を作るために田中重機さんよりレンタルしていた
大型のシャベルカーを返却しました。
長年、放置された農地を整備するのは体力的にも精神的にも
つらい作業でした。長年放置された田畑は多くの草木に覆われ
中にはゴミが積み上げられている場合も多かったです。
そんなゴミや草木を取り払い、片付けて、だんだん地面が
見えてきますと、先人たちの苦労が土地から湧き上がってきます。
けわしい山林を切り開き、巨石を打ち砕き、石をひとつまたひとつ
と拾い集めたその様子が目に浮かんできます。
この 先人たちの汗と涙 なんとか無駄にしないようにしたいものです。
posted by 三国 at 23:23| Comment(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする