2009年06月02日

土作り(理科の実験編)

IMG_1262_convert_20090602200744.jpgIMG_4380_convert_20090602200952.jpg

ファーム亀井に定植の時期がやってきました。

この日に向けてやってきたのが、土作りです。
土は農業の基本、農家の財産です。

土作りはまず堆肥作りから始めます。
堆肥は化学肥料と異なり、土が固くならず永続的な土の利用が可能になります。
もちろん手間隙かけた堆肥は人にも地球にも優しいです。

ファーム亀井で使用する堆肥は、時間と手間をかけた特別製です。
まづ
葦(よし)を刈ります。
粉砕した葦を馬糞と米ぬかで交互に積み上げます。
ここに、EM菌を加え醗酵を促します。
冬の間ホコホコと湯気を立てて醗酵した堆肥は春の定植を待ちわびます。

実は土作り、大事なのは土の酸性度です。
酸性度、覚えていますか?
そうです、リトマス試験紙で測りましたよね小学校で。
作物にはそれぞれ最適な酸性度があります。
もちろん酸性度だけではなくそれぞれ必要な成分・微生物があります。
こういったものを、土作りの段階で揃えてしまわなければならないのです。
足りないものは足してみたり、または中和してみたり。
まさしく理科の復習をするみたいに、です。
まっ、それこそ化学肥料を使えば簡単な話なんですけど・・・

こうして作られた土で定植は行われます。
亀井ファームの定植をお手伝いしていただいた方々に、この場を借りてお礼申し上げます。
花が咲きトマトは元気いっぱい。
ありがとっっっ!!

五月の下旬にはナスの定植を予定しています。

次回は追肥についての投稿です。


ファーム亀井マスコット犬インディー、でっかくなっちゃった!!!


posted by 三国 at 20:11| Comment(2) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

農機具

IMG_4359_convert_20090529210509.jpg


覚悟はしてました。

農機具、すごくお金がかかります。
しかし、乗馬クラブの仕事と平行して農業を行うには機械類の使用は不可避です。
正直、生産する製品の価格と比べると投資するお金が大きいです。
それに、どんなにおカネをかけても100円のキャベツが150円にはなりませんし・・・
必要最低限の機械の購入に絞る。
状態の良い中古品を探す。
借りれるものは借りる。
などで対応していくしかありません。
農業機械は、みな使う時期が同じであるので借りることが意外と難しかったり。
意外と状態の良い中古品が無かったり。

実は農業機械は一年のうちで数日しか使わない為、かえって故障が多いという現実も知りました。

悩みの種は尽きません。

最近、耕運機でウィリーするコツをつかみました。
そんなことしている場合ではないんですが・・・


posted by 三国 at 21:14| Comment(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

マニュウアー  スプラッシング

IMG_3580_convert_20090424200147.jpgIMG_3615_convert_20090424200732.jpgIMG_3613_convert_20090424200527.jpgIMG_3622_convert_20090424200347.jpg
とうとうこの作業をする日が来てしまいました。
マニュウアー スプラッシング、
まあ、平たく言えば肥料撒きです。

肥料はもちろん、三国ウェスト製「馬糞」です。

トラックに積んだ醗酵した馬糞を畑に入れ、地獄の作業開始です。
この肥料撒きどうしても手作業に頼らなくてならない部分があり、一連の農作業の中でも肉体を酷使する作業の一つです。

農業関連の本などでも辛い作業だと書いてありましたが、本当に辛いです。
ひたすら肥料をスコップで撒いていく作業、そういえば昔見たアメリカ映画で刑務所の囚人がやらされていました。
タイトルは、忘れましたが・・・

土作りは農業の重要な要素です。
このあと畑の土のPH値を計り、酸性度を調整します。


三国山では、若葉が目に優しい季節になっております。
5月10日の山菜の会、皆さんのお越しをお待ちしています。
posted by 三国 at 20:11| Comment(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

牛乳

20081014110835.jpg牛乳飲んでいますか?
日本国内で牛乳は、加工されていない生の牛乳であれば100%国産です。
食の安全が叫ばれる昨今、私たちが安心して口にできる食品のひとつです。
ところで、昔、ある一定以上の年齢の人は、学校などで「牛乳は噛んで飲みなさい。」といわれた記憶はありませんか?
噛んで飲むことで、お腹を壊さなくなるという話でした。
いま、「牛乳を噛む」というようなことは言われなくなりました。
また、牛乳でお腹を壊すということも少なくなりました。
これは、牛乳が出荷される前に、ホモジナイズという作業が行われるようになったからです。
ホモジナイズは小さな穴から牛乳を高圧で押し出すなどし、牛乳の分子を細かくする作業です。
最近では、超音波なども使われるようですが、とにかく今まで噛まなければならなかった牛乳を噛まなくても大丈夫にしたのが、このホモジナイズという作業です。
昔から何の変化もなさそうな牛乳でも、消費者のニーズに合わせ変化しているのです。
外国などで、牛乳を飲んでお腹を壊してしまう人(私のことですが)が、たまに海外では流通システムが悪く、新鮮ではない牛乳のせいでおなかを壊したと誤解してしまう人がいます。
国によってはホモジナイズしない牛乳が一般に売られています。
お気をつけください。
写真は、宮下ファームの仔牛です。
posted by 三国 at 14:15| Comment(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

シイタケ

IMG_3186_convert_20090313205054.jpg今日は、シイタケの植え付け準備作業です。
シイタケ、出荷目的ではないので多くは育てていないのですが、いままで使っていた原木が古くなり、あまりシイタケが育たなくなってきたので新しい原木を準備しています。
シイタケは、出荷目的ではないので多くは育てていないです。
収穫したてのシイタケは味も食感も買ってきたものとはまったく違います。
限られた人の、限られた贅沢をお客様に持ち帰って頂くための作業です。
原木はシイタケ栽培にむいた木を準備します。
その後、原木に穴を開け、菌を埋め込みます。
この殖菌法が開発されるまでは、シイタケ農家はただ原木を並べ、山から吹く風でシイタケの胞子が飛ばされてくるのを待っていたそうです。
農業技術の進化は、農業が根源的に持っているリスクを低減させてきました。
おそらく、農業技術の進化は今後いっそう進むでしょう。
しかしそれは、諸刃の刃にもなりかねないので、農業に携わる人はよりいっそうの慎重さを要求されるでしょう。
ちなみに、今回は、シイタケだけではなくナメタケの菌も買ってみました。
容器の中で既に発芽を始めてしまっているのが気になるところですが、
収穫できるようになれば、おいしいなめこ汁が待っています。


posted by 三国 at 21:35| Comment(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

えひめAI

IMG_2780_convert_20090308213126.jpg亀井ファーム・亀井さんからの投稿です。
今回は、地球に優しい「えひめAI」のお話です。
えひめAIは、油汚れなどそのまま排水溝などに流してしまうと地球に優しくない有機物を分解・無害化する菌です。
えひめAIは、ご家庭で簡単に作れます。
えひめAIは、「地球の秘密」という作品を書いた、坪田愛華ちゃん(故人)によって発案された物です。
愛華ちゃんの意思により、えひめAIには特許などは付いていません。
皆さん、どんどん作って、どんどん地球を綺麗にしましょう。
えひめAIを、台所に霧吹きすれば、悪臭が消え、配管のぬめりが消えます。
また、えひめAIの混ざった排水は、流れていった先の河を綺麗にします。
亀井ファームでは、えひめAIを、農業に利用しています。
えひめAIに含まれる納豆菌・乳酸菌・酵母菌は土の中に住む微生物の活動を活発にします。
またこれらの菌は、腐敗菌をはじめとした畑の有害な菌の活動を抑制し作物の病気を予防します。
そして、えひめAIに含まれる菌が土中のたんぱく質をアミノ酸に変えることで作物が元気になります。
つまり、えひめAIに含まれる菌達が食物連鎖の核になり、最初の一滴になり、田畑を豊かにしていくんです。
では、えひめAIの作り方です。
材料:イースト菌50g・納豆10粒・黒砂糖1`・ヨーグルト1g
これらを、35℃のお湯18gで混ぜビニールをかぶせて保存。
一週間程度で出来上がりです。
PH値は3〜4、舐めてみて、ちょっとすっぱいと感じたら出来上がりです。
posted by 三国 at 19:20| Comment(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

新規就農トライアル

IMG_2779.JPG現在、マスコミ・行政などが若者に向けて農業への参入を呼びかけています。
確かに、農業は多くの魅力があり、やりがいのある仕事の一つです。
しかし、現時点においていまだ地域レベルでの新規就農者の受け入れ態勢が充分とはいえないのも事実です。
私たちも、農業を始めたばかりですが、将来三国ウェスト農場が農業を志す人の支えになれるとウレシイデス。

ちなみに、これから本気で農業に参入してみようという方は、各県にある農業大学校に通われてはいかがでしょうか?
およそ10ヶ月の間で新規就農に必要なことは大抵教えてくれるそうです。
学費も教材費以外は無料(愛知県)ということで、意外と御得だと思います。
写真は、ファーム亀井のマスコット、バーニーズマウンテンドッグのインディー君です。
今は、かわいい子犬ですが一年もすると体重40キロ前後の巨犬になります。
楽しみのような、怖いような・・・
posted by 三国 at 23:11| Comment(3) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

中古耕運機

IMG_2846.JPG古い耕耘機を五万円で購入。
当初そんなに使う予定もなく、そのまま放置。
1年ぶりにエンジンをかけてみたら・・・
案の定、動きません。
みんなで散々、弄り回して 燃料ポンプに空気が混入していることが判明。
一年ぶりに稼動した耕運機はシャア一号機と名づけられ今後大活躍の予定です。
posted by 三国 at 16:56| Comment(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

農地造成

IMG_2997.JPG先週、農地を作るために田中重機さんよりレンタルしていた
大型のシャベルカーを返却しました。
長年、放置された農地を整備するのは体力的にも精神的にも
つらい作業でした。長年放置された田畑は多くの草木に覆われ
中にはゴミが積み上げられている場合も多かったです。
そんなゴミや草木を取り払い、片付けて、だんだん地面が
見えてきますと、先人たちの苦労が土地から湧き上がってきます。
けわしい山林を切り開き、巨石を打ち砕き、石をひとつまたひとつ
と拾い集めたその様子が目に浮かんできます。
この 先人たちの汗と涙 なんとか無駄にしないようにしたいものです。
posted by 三国 at 23:23| Comment(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。