2015年06月18日

梅干の効能。


IMG_1668_convert_20150618193938.jpg

梅雨といえば、梅の季節ですね。
写真の梅干、実は農場の社長が漬けたものです。
無添加・無着色といえば聞こえは良いですが、塩と紫蘇のみで漬けた梅は昨今の減塩ブームにまともにあらがっています。
最近の消費者にこびた、甘みの強い「ハチミツ漬け」や「砂糖づけ」にはない強烈な酸味と塩気。
もう写真を見ているだけで、口が梅干です。

まあこんな梅干ですが、けっこう三国ウェスト農場におとづれる若い学生なんかには人気なんです。
こんなクラシックな梅干、若い学生なんか手を出さないかなと思っていると、意外や意外。
みんなけっこうな量を、口にします。
冷涼な三国山といえども、この時期けっこう汗をかきます。
一日屋外にいれば、シャツが一面塩を吹いたようになります。

若さのよいところは、体に必要なものを素直に美味しいと感じられるところです。
多量の汗は、体から塩分を奪います。
ただ塩分を取るより、梅干はその酸味から強い抗菌・抗酸化作用とともに、疲労回復効果があります。
最近何かと話題のサヴァイバル登山家の服部文祥氏もその著書の中で、山岳では玄米と乾燥梅干の組み合わせで疲れが残らないと書いていました。

この社長の梅干だけでなく、事務所にはいつでも誰でも口にできるパックの梅干もこの時期おいておきます。
一日おきに補充していますが、すぐなくなってしまいます。


posted by 三国 at 20:15| Comment(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: