2014年05月19日

農作業には音楽があう?


2014050416120000.jpg

何をするにも音楽をかけながらってひといます。
私はトレーニングにしても乗馬にしても、音楽はかけません。
集中したいからといえば聞こえはよいのですが、実は二つのことが同時にできない性分なんです。

ただ一人で行う単純作業には、やはり音楽があるとよいですね。
トラクターの操作や、草刈・収穫作業など、
同じ事を長時間繰り返すようなときは、イヤホンを耳に突っ込んでると楽しめます。

知り合いの畜産家で、年齢の割りにはやりの音楽にやたら詳しい人がいます。
牛舎での作業中に、ずっと有線放送を聴いているんだそうです。
なるほどね。

私今まで、音楽を聴く習慣が無かったので、どんな音楽を聴けばよいか悩みます。
基本的には音楽目雑食科なので、UKロック・パンクロックから演歌・交響曲までなんでも聴きます。
皆さんもお勧めがあったら是非教えてください。

でも本当は、田楽やお囃子でみんなで共同作業っていうのが楽しいんでしょうね。
田楽踊り。
まさに田んぼで田植えのときに歌い踊る音楽です。
みんなで作業や音楽を共有する楽しみ。
昨今の機械化された農作業ではありえません。
機械を一人で黙々と動かします。
そのせいか、田畑にいる人は異様に人懐っこかったりします。

そろそろ、田んぼに水が入ります。
代かきをして、いよいよ田植え。
初夏の一大行事です。

写真はプチヴェールの最後の花芽の収穫。
みんなに手伝ってもらっちゃいました。
たのしっ!!!


posted by 三国 at 19:49| Comment(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: