2014年03月30日

馬の逆鱗。


IMG_0234_convert_20140330224037.jpg




久しぶりの、ブログ更新。
皆さんお久しぶりです。
書かなかった理由は、いろいろあります。
まあ言い訳は多いのですが、単純に怠けていたからですかね・・・。
失礼しました。
どうせ僕のブログなんて・・・。とすねていたんですが、最近続けてブログが長期にわたって更新されないことを人に指摘されてしまって・・・。
へらへら笑って、「忙しくって・・・。」なんて言い訳していたんですが、
チョッと、聞き捨てなら無いことを言われたんですよね。
「ネタ切れ?」
冗談じゃないです!!
ネタなんてたくさんありますよ! 私のネタホルダー(パソコンのなかに実在します)には100をこえる話題があるんです!!
本当です!
なんていわれても、ネタ切れって言われるのは正直一番悔しいです!!
これは私の「逆鱗」ですね。

逆鱗。
竜の首辺りにある一枚のうろこ。
これに触れると、竜が無条件怒り狂うといわれるトリガーポイントです。
実は馬にもあるんです。
ここをさわると、馬が怒るんですという場所が。
耳?という人もいますが、馬の耳はさわられるのを嫌う馬と嫌わない馬がいます。
以前読んだイギリスの乗馬の本では、馬にとって耳は自分で触れない唯一の場所なので人が触ると大変喜ぶと書かれていました。
(日本ではたいてい逆。)
さあそれでは、馬が無条件でさわられて不快に思うのは?
それは、
後ろ足の股の間です。
ここは嫌がります。
よっぽど人になれている馬でも、不快感で体をプルプルさせます。
もちろんそんなことをすれば、蹴られるリスクも高いです。
ヨーロッパなどでは、馬の売買のときにあえて其処をさわって見せて従順さをアピールする馬商さんもいるそうです。
普通はやってはいけません。
絶対です。


でも、手を差し込むときの感触が気持ちいいんですよね、とっても。
またそれをジッと我慢している馬の姿もかわいいです。
いややってはいけませんよ?ホントニ。














posted by 三国 at 22:42| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: