2012年01月12日

ブルッとくるのは。

IMGP9591_convert_20120112184837.jpg


三国山は、寒さ真っ盛り。
今年は、雪が少ないのが救いです。

例年苦しむ、水問題。
今年は、今までの経験とそれにもとづく対策が功を奏し、
ほとんど問題ありません。

しかし寒いは寒い。
まあそんなことをいっていれば、実利主義で知られた幕末の英雄、大村益次郎に、
「冬は寒いのが当たり前です。」
などと言い放たれてしまいます。

そう、寒ければ寒いを楽しむのが三国山流。
焚き火を囲み、日々新しいアウトドア料理の開発に余念がありません。
また冬しかできない、畑の開墾作業なども、実は冬季の楽しみの一つです。

さて、
寒いとおもわづ体がブルッと震えます。
これは、急激な外気と体温の温度の格差によるものです。

実は夏に怪談でブルッとくるのも、この理屈。
ただこの場合は、怪談で知らず知らずで興奮し、体の体温が上がったときに、外気との温度差が急激に起こりブルッとくるのです。

風邪を引いたときも同じです。
体温が急に上がると、外気との気温差が急に起こり寒気を感じます。

風邪がはやり始めました。
皆さんお体に気をつけて、お過ごしください。



posted by 三国 at 18:51| Comment(0) | 三国山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: