2010年09月24日

ラジオの終わり(radio-i)


IMGP0198_convert_20100924174413.jpg

以前にも話題にした、FM放送局RADIO−I。
今月いっぱいで、放送が終了します。
一つの放送局が、放送をやめてしまうのはビックリです。

この放送局は、外国語放送局でした。
まあ実際は日本人のDJが、しゃべっているわけですが。
毎朝の英語ニュースは、少しでも英語に触れ続けるよう努力している人には必修番組でした。

情報の発信方法が多様化する今、なかなかラジオの生き残ることが難しくなっているということなのでしょうか。
私自身個人的な話をすると、最初に海外への憧れを抱いたのはラジオからでした。
ラジオから流れる洋楽は、見知らぬ世界への好奇心を掻き立てられました。
今のインターネットは確かに情報の質・量にすぐれています。
しかし、必要な情報が得られたならばソレで満足してしまい、強力な憧れ(勘違いとも言うかもしれない)や想像力の飛躍(妄想とも言う)は顕著ではない気がします。

そんなラジオの放送局が、閉鎖される。
そんな時代なんですね。

解っていても、さびしいモンです。
そういう私も、もはや車の中でしかラジオは聞かないんですけどね。

最後に、ミニ知識。
ラジオのFM放送とAM放送、受信する際FM放送の方が電力消費が大きいって知っていましたか?
FM放送は、音楽が綺麗に聞こえるように受信の際、ICチップを二枚使うそうです。
AM放送は、一枚。
その分だけ、FMは電力を消費するというわけです。
確かにFMから流れる音楽はAMと比べると、クリアーですね。






posted by 三国 at 18:02| Comment(2) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごぶさたしています。お元気ですか?
よくブログをのぞかせていただいています(^^)
さて、今回のブログ内容はRadio-iについてだったので書き込みさせてもらいました。
私もこの放送局が大好きで、事務所でもBGM変わりです。
自宅でもお風呂に入る時はお風呂用ラジオでRadio-iです。
英語は得意ではないですが、海外に行っているような心地よさもありました。情報の選択や局の選曲もいいですね。
仕事関係者から少し情報が入ってきたのですがRadio-iが閉局することで失職するかもしれない人がたくさんいるそうなんです。
優秀なナビゲーターがたくさんいるのになぁ。
でも、今月の30日で終わりですね。
名古屋で唯一の国際放送でもあしますし、実際、国際放送がなくなることで困る外国人がたくさんいると思うんです。しかも、COP10やトリエンナーレも開催だというのになぁ・・・。本当に残念ですね。
Posted by はね at 2010年09月28日 17:50
今朝、自動車に乗ってラジオをつけると
砂嵐の音。
何も聞こえません。
諸行無常ですね。
ラジオだから、時代だからなんて言い訳にならないですよね。
だって、こんな時代でも注目を集めているラジオ番組はあるのですから・・・。
Posted by 三国ウェスト農場 at 2010年10月01日 17:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。