2010年05月20日

手作りムクチ(使用体験記)。

IMG_8127_convert_20100504174922.jpgIMG_8179_convert_20100520184005.jpg

以前ブログでも書きました、ムクチ作りの追記になります。
その後修行の結果、かなり早い時間でムクチを編めるようになりました。
宮尾さんの作った、製作手引きがとても具合が良いです。

この手作りムクチ、見た目も風情があって良いのですが、実用性にもすぐれているようです。

まづ、どのようなサイズにも調整可能です。
勿論このサイズ合わせが、このムクチ作りの難しい点の一つではあります。
しかし、ある程度の形が出来ていれば、市販のフックで留める既成ムクチと違い脱着の際に結ぶ結び目で、馬の頭の大きさに調整できます。
ですから、一つのムクチでも、かなり頭の大きさが違う馬にも使い回す事が出来ます。

また既成のムクチと異なり、重さも軽い為馬の負担も少ないのではないでしょうか。
放牧中など心なしか馬の頭が、軽やかな感じがします。

使い勝手も既製品と比べてもそんなに悪くありません。
フックで留めるところが、結び目を作らなければならないのが面倒と言えば面倒ですが、実際の手間は殆ど変わりはありません。
むしろフックの隙間に砂が入り込んでフックが開かなくなったりすることが無く作業に滞りが無くなりかえって安全性が高いです。

ムクチをつけたまま放牧する場合、ムクチの金具部分で馬が怪我をする場合もあります。
勿論、手作りムクチではそんな心配もありません。


オーストラリアなどで、コストが結構かかってもこのムクチが好まれる理由がわかる気がします。
最初はカッコつけてるだけかと思ってましたけど・・・。


posted by 三国 at 18:44| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: