2009年07月03日

「安全第一」

IMG_4538_convert_20090703184115.jpg


お恥ずかしいばかりです。

こんなことになるなんて、小学生男子が学校で個室トイレに行くぐらい恥ずかしいです。

仕事中に注意を怠った挙句に怪我をしてお客さんの車で病院に運ばれました。
さんざん検査をされ結局時間がたてば直る程度の怪我だったんですが、改めて「安全第一」と思い知らされました。

この「安全第一」という標語、1800年代のアメリカ企業「U.S.スチール」という企業で最初に使われたといわれています。
しかしこの標語、実は最初から「安全第一」ではなかったそうです。

当時、U.S.スチール社は空前のアメリカ好景気におされ、とにかく受注に追われる毎日だったそうです。
そこで一計を案じた社長が工場の壁に「生産第一」「品質第二」「安全第三」と張り出したそうです。
こうしたところ、工場内の事故が多発して生産も落ちて行ったそうです。

そこで社長、急いで「安全第一」「品質第二」「生産第三」という標語に付け替えたそうです。
そうしたところ、見る間に生産効率が回復したそうです。

もちろん標語のみではなく他にも様々な安全対策が採られたのでしょうが、こんなことから「安全第一」は定番のスローガンになったそうです。

三国ウェスト農場では、すべての人の安全を最優先していきます。


posted by 三国 at 18:42| Comment(0) | 三国山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: