2009年06月12日

蜂の巣作りD

IMG_4319_convert_20090607220004.jpg

蜂の巣は六角形の筒の集合体で作られています。
このつくりは、外圧に強い構造で知られています。
飛行機や建造物などに蜂が作り出すものと同じ造型が使われているようです。

このように、人間は自然界が作り出した造型をヒントとして多くの物を作り出してきました。
人間の作り出す物はすべからく自然界の造型をヒントにしているといっても過言ではありません。

唯一の例外は、車輪だそうです。
車輪を持つ生物や植物は自然界には存在しません。
これだけは完全に人間オリジナルの製品です。
それだけに、工業技術が発達する以前にはこれを作り出すには非常に高い技術と手間が必要とされました。
車輪は貴重品でもありまた同時に富の象徴でもありました。
ヨーロッパの田舎町で古い家の軒先に、大小の車輪がおいてあるのはこれの名残りです。
また、スイスの傭兵たちが手にする散弾銃は人に向けるものではなく車輪を破壊するものでした。



さてこの蜂の巣、どうしましょう・・・
二段目が出来上がってきましたが・・・



posted by 三国 at 12:22| Comment(0) | 蜂の巣作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: