2018年12月28日

我が家の先祖。

DSC_0137.jpg
毎年恒例で、今年も門松の設置です。
いつもいつも、シンプルに身の丈に合ったサイズにと思っているのですがつい大きめに見栄を張って作ってしまいます。
ホームセンターに行くと門松セットが結構なお値段で売られているため、つい大きく作れば作るほど得をした気分になってしまいます。
たぶん私の生まれと育ちの悪さでしょう。

てなわけで私のご先祖様のお話。

門松って、諸説あるも江戸城で飾られたものなんだそうです。
武田(竹)の頭を落として松(松平・徳川)を栄えさす。
という、まあいってみればオヤジギャグみたいなもんです。
当時はそんな語呂合わせみたいなのが縁起担ぎに使われたんですね。

実は、愛知県瀬戸市には武田信玄のお墓があります。
ほとんどのひとは、「またまた〜」といわゆるトンデモご当地名所と思うと思いますが、
一部の歴史好きは、「おっ!」と思われるでしょう。

わが加藤家は実は分家の分家、本家は若尾性を名乗る一族の出です。
この若尾家じつは武田信玄の遺臣です。
信玄公が京に上る際、先遣隊として瀬戸辺りまで押し出していたところ、
ご存知のように信玄公が志半ばで倒れ甲府に引きかえしてしまったところ、なんとそのまま置いて行かれてしまった一族なのです。
その後若尾一族をはじめ取り残された人々は、自分たちの大将たる信玄公のお墓を設け、その死を悼んだというわけです。
いまでも、甲州のほうへ行くと若尾性が多いそうです。
そのご、なんやかんやあったのちご先祖さんたちは武士に向いていないことを悟り、陶器を扱う商人になるのです。

むっ?ということはなんでしょう?うちは門松飾ってはいけないのか?
あれっ、あれっ?
どういうことになるのでしょう?

posted by 三国 at 21:17| Comment(0) | 三国山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

養正館武道試斬会。

PC160083_convert_20181219100927.jpgPC160108_convert_20181219100833.jpg

暖かい日差しの中、瀬戸養正館武道では試斬会の開催をしました。
今回はなんと、台湾からSUさんも参加です。
初めての屋外での催し、初めての通常練習外の練習ということで、はらはらしました。
全員初めての真剣ということで、なんだか期待と不安で当日はテンション高め・・・。
事故に気を付けなければなりません。
場所は三国ウェスト農場の馬場。十分な広さです。
いよいよ始まってみると皆意外とすぱすぱ切れ、日本刀の切れ味を堪能しました。
まあやはりと言いますか、当然といいますか全員真剣を持つのは初めてながら、やはり道場のキャリアの長いものが上手にきっていたようです。

試斬というのは、刀が切れるということを確かめるものでそうしょっちゅうやるものではありません。
普段は型や組立ちなどの、地味な反復練習こそが武道修練のコアです。
決して試斬そのものを目的化しないことが重要です。
試斬は人の心をむしばむ部分があります。
確かにすっぱり切れれば気分が良いし楽しいです。その分試斬によって自分に過剰な能力を得たと勘違いし自分が特別な人間になったようにふるまうようになる人もいます。
これは魔力のようなもので、空手の試割も似た力があります。
旧日本軍などはこの力を使って、幹部教育をしたものです。

また今日から、刀に負けない心を作る練習です。
posted by 三国 at 10:11| Comment(0) | 養正館武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

食品サンプルの世界。

PB120028_convert_20181118083923-thumbnail2[2].jpg

写真のビール、よくできてますがイミテーションです。
いわゆる食品サンプルです。
この辺では、郡上が有名ですね。
いやいや全く見てもわからないですね、本物そっくりです。

この食品サンプル、むかしはどこのレストラン食堂でも見ることができました。
最近でスト高速のサービスエリアや大型の食品モール内の食堂ぐらいかな?
明らかにその需要は少なくなっている中、皆でこの技術は未来でどう生きてゆくか考え、話し合いました。

一案には、やはり日本が世界に誇るフィギアの製造。
この正確無比な技術は、セクシーな人形作りにこそ力を発揮するんだそうです。
まあそうですよね、まあね・・・。
ワタシは医療の世界と合致するんじゃないかと思うんです。
3Dプリンターなどの技術と組み合わせて、遠い国で地雷や交通事故などで手足を失った人の義足や義肢を提供できないだろうか。
こんな仕事してみたいな。
不器用な私には無理なんだけど・・・。
posted by 三国 at 14:25| Comment(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする