2018年12月04日

食品サンプルの世界。

PB120028_convert_20181118083923-thumbnail2[2].jpg

写真のビール、よくできてますがイミテーションです。
いわゆる食品サンプルです。
この辺では、郡上が有名ですね。
いやいや全く見てもわからないですね、本物そっくりです。

この食品サンプル、むかしはどこのレストラン食堂でも見ることができました。
最近でスト高速のサービスエリアや大型の食品モール内の食堂ぐらいかな?
明らかにその需要は少なくなっている中、皆でこの技術は未来でどう生きてゆくか考え、話し合いました。

一案には、やはり日本が世界に誇るフィギアの製造。
この正確無比な技術は、セクシーな人形作りにこそ力を発揮するんだそうです。
まあそうですよね、まあね・・・。
ワタシは医療の世界と合致するんじゃないかと思うんです。
3Dプリンターなどの技術と組み合わせて、遠い国で地雷や交通事故などで手足を失った人の義足や義肢を提供できないだろうか。
こんな仕事してみたいな。
不器用な私には無理なんだけど・・・。
posted by 三国 at 14:25| Comment(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする