2016年02月23日

自然薯は、日本固有。

IMG_1286_convert_20160223084018.jpg

先日、「ジネンジョ」の生産者研修会に出席してきました。
会場で思わぬ人に会えたり、部会の緒先輩がたとの楽しい会話にずいぶん楽しい一日でした。

内容は県職員(山間農業研究所)による、今年一年の研究成果の分析。
そして、プロの声優さんによる「声による販売促進戦略」。
内容はとても面白く、会場も盛り上がったのですが・・・。
瀬戸自然薯部会メンバーの声は、
「販売より生産だよな〜。」
「売れるようなやつが作れんよ〜。」
「自然薯なんてあれば売れるよ、それよりどうやったらうまくできる?」
なんて声ばかり。

これ実は程度の差はあれども、どこの地域の生産部会も同じような状況です。
でもこれはきちんと理由があるんです。
自然薯は卑弥呼の食卓にも上がったといわれる、日本固有の野菜です。
野菜のほとんどが、海外から輸入されてきた歴史をを考えると自然薯はとても稀有な食べ物です。
日本固有の野菜は自然薯をのぞけばセリとワラビぐらいです。
あとは全部、海外からはいってきたもの。
自然薯もともと栽培は難しく、山から掘ってきました。
ソレを栽培するようになったのは、実はつい最近のこと。
皆さんが食べているのは、だいたい中国から移入された栽培しやすい長芋です。
農家の中でも自然薯栽培農家をうたっていても、じつは長芋だったり。
長芋とかけ合わさっているものが多いです。
山に生えているものでさえ、長芋との混種が進んでいるといわれています。

自然薯部会は、この日本固有の自然薯を作り継いで行くことを目的のひとつにしています。
ですから種(むかご)も毎年、県の研究施設から直接届けられます。

栽培種として不安定な、固有種。
栽培技術がまだ確立していない。
これらのことから自然薯栽培、なかなかうまくいっていないのが現状です・・・。

なになに、「おまえのできていない理由はそれだけじゃないだろう。」?
ほっといてくれ!!!



posted by 三国 at 09:06| Comment(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

常識?


IMG_1208_convert_20150908210843.jpg


沖縄(琉球)でうまれた、空手。
そこで使われる武器は、農民が武士に対抗するために、米作りの道具から武器になっていった。

昔から当たり前のようにこう教わったし、自分自身そう思っていました。
しかし、しかしです。
昨年沖縄旅行に行ってふとおもいました。
沖縄には、稲作文化はない!!!
そもそも沖縄は、貿易・交易都市。
農業が盛んになるのは、薩摩藩による支配が始まる江戸以降で空手の発祥のずっと後です。
それも稲作ではなく、サトウキビ。

んんんっ?では今まで当たり前のように信じていた、空手武器の発祥神話。
あれはなんなんだったんでしょうか?
確かに不思議なことはありました。
たとえば、空手とは関係ない本土の武道流派がヌンチャクやトンファーの練習をしたりしていて・・・。

結局これらの武器は、中国大陸から海を渡ってき、ソレを使う技術がそれぞれの地で考えられたと考えるのが自然なんでしょう。
以前紹介した「寸鉄」も中国に同じような武具がありますもんね。

posted by 三国 at 17:44| Comment(0) | 養正館武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

乗馬の健康効果。


IMG_2190_convert_20160206191915.jpg

乗馬は体のいい。
よく聞きます。
ではなぜ?どのように?というと詳しく語られることはあまりないんじゃないでしょうか。
乗馬の健康効果、
私なりにまとめてみました。

@ 体バランスの修正
A 乗馬による善玉ストレスによる、免疫機能の改善
B きれいな空気のなかでの運動による、肺の中の浄化。
C 脊髄への直接的な刺激による、神経機能の回復
D 揺れによる、体幹補正
E 脱力状態での他動的律動運動による、血液循環の改善

こんなとこでしょうか。

実際、体調が悪いとき、気分が優れないとき、思い切って一時間ほど馬に乗るとスッキリすることが多いです。
血液の循環のせいなのか、馬との対話による心の安らぎなの分かりませんが、ウツッぽい気分のときもなんだか回復してしまいます。
もちろん馬に乗った日は、夜もよく眠れます。

はっきりとした根拠はよく分からないんですが、乗馬をする人の多くは、これらの健康効果をたしかに実感しています。



posted by 三国 at 19:41| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

ビタミンEは冬のビタミン。


IMG_0460_convert_20160201083905.jpg

獣医さんのお手伝いで、食欲不振の子牛の治療に行きました。
体力が落ちて、体重が増えなくなった牛には、ビタミンEがよく効くそうです。

アンプルの中のビタミン剤が少し余ったので、味見しました。
(もちろん、私の自己責任。良い子は真似してはいけません。)
口の中に広がるなんともいえない薬くささ。
人間用の砂糖やなんかを加えたものとは、一味違います。

その直後、なんとも体の中心からホカホカあったかくなってきます。
その後も一日中体があったかくて、寒い三国山でも快適でした。
その上なんと、指先にできたささくれが次の日には完治。
ビタミンE。
なんとも冬向けのビタミンです。

そういえば、
あのゴルゴ13。
コミックの中で、ビタミンEとにんにくをとることで凍死を免れ冬のヒマラヤを踏破するという話しがありました。
やっぱり・・・。


posted by 三国 at 08:42| Comment(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする