2015年04月24日

アシモと居合腰。


ASIMO_2nd-gen_model_dancing[1]_convert_20150424112549.jpg


本田技研の造った、アシモ。
世界初の二足歩行ロボットとして、有名です。

実は私、あのロボットの歩行を見たときに、衝撃を受けました。
一般にあの動きは、ぎこちなく感じる人が多いと思います。
しかし、あの歩き方・姿勢こそ武道家の形そのものです。

足の裏の平行移動・上体の不動・背筋の形・そして膝に余裕を持った腰の落とし。
まるで下半身、腰の上に座っているような動きです。
これこそ、武道の先生に教わってきた自然体や居合腰に近いものです。
熟練した、武道家はこの状態からすばやく、そして安定した重心を保ったまま攻撃・防御そして、抜刀に移ります。

現代武道は、戦前に軍事教練の影響をうけてきました。
西洋式の「きおつけ」の姿勢を、自然体や構えに直してきてしまいました。
ですから居合腰に代表される武道の姿勢は、現代ではかえって不自然に思えてしまいます。
たとえば有名な宮本武蔵の肖像画をみても、かえってだらしなく見えてしまいます。
もちろん、「これが正しい武道だ」なんてのたまう気はありません。
しかし、今我々が持っている武道にたいする印象や価値観は、随分本来のものとは異なってきたものであることは間違いないようです。

アシモ、
もちろん、ホンダの技術者が宮本武蔵や武道を研究したわけではないと思います。
しかし、合理的な無駄のないバランス運動を形にした結果、武道の形に極めて近くなったということは、非常に面白いし意味があります。
これこそ武道がいかに科学的に合理的に積み上げられてきた文化であるかという証明になりうると思います。




posted by 三国 at 11:27| Comment(0) | 養正館武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

山桜。



IMG_1205_convert_20150421194518.jpg

三国山は、いま桜が見ごろです。
桜といっても、山桜。
里のソメイヨシノとは、異なります。

ゆっくり花開き、穏やかにそして力強く咲く山桜は、山間の濃緑にかこまれてもしっかり主張します。

ソメイヨシノの艶やかな様は、見るものを惹きつけますが同時に何か不安にさせるものがあります。
私など、いままであまり成功や名声などという華やかな人生を送ってこなかったせいか、ソメイヨシノのまっすぐな美しさについ目をそむけてしまいます。

茶室にいけられた一輪の花のように、三国山の山桜はこころたおやかにする「侘び」があります。

posted by 三国 at 20:33| Comment(0) | 三国山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

2度おいしいプチ・ヴェール。



IMG_1193_convert_20150416195049.jpg


今年はだいぶ春がクルのが遅いですね。
三国山もようやく暖かくなり、プチ・ヴェールの収穫も終わりを迎えました。
お買い求めいただいた方、料理に使っていただいたお店の方、
ありがとうございました。
また、生産者の皆さんご苦労様でした。

これで終わり?
と思いきや、プチ・ヴェールは第二段があるのです。
収穫が終わったプチヴェールの原木の頭からこれからの季節、花芽がでてきます。
プチ・ヴェールは、これから二回目の収穫期を迎えます。
プチ・ヴェールの副産物と、あなどるなかれ。
この花芽、本家プチ・ヴェールより甘く栄養があります。
その甘さは、そのままかじっても甘いほどです。
お客さんによっては、こちらの花芽のほうを好む人もいるほどです。

商品として流通には乗ることはありませんですので、このプチ・ヴェールの花芽は生産地の人だけが食べられる特別な野菜です。
尾張東地域のかたは、お近くの農協グリーンセンターか野菜の直売所へどうぞ!!!




posted by 三国 at 20:14| Comment(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

70年不況。


IMG_1186_convert_20150407164630.jpg



一説によると、日本は古くから70年に一度周期で大不況を迎えているんだそうです。
江戸時代も、じつは70年周期でバブルと不況を繰り返していたそうです。
明治維新を終え、先進国の仲間入りをはたさんと躍起になって、上り調子に発展した70年後に第二次世界大戦。
日本は徹底的に、地獄に叩き落されました。
それから70年といえば、2020年ごろです。

まあ自然史・地質学的には、100年周期に小氷河期が訪れ、食糧不足がおこり、
これにあわせ、世界的に動乱や不況が起こってきたという分析もあります。
たしかに幕末のあたりなど、日本でもかなりの米の不作が続いていましたし、
戦国時代もこの小氷河期にあたります。

なんにしても、大変な世の中です。
肩をおとさづ笑顔でがんばりましょう。
いつかわ鷹が羽を広げるように、雄雄しく立ち上がるときがクルのでしょう。






posted by 三国 at 17:10| Comment(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

「寸鉄」。

IMG_1169_convert_20150405220135.jpg


とうとう手に入れてしまいました。
「寸鉄」です。
古流柔術や武道で使われる、武具のひとつです。
城内の警備などで刀を使えない武士が携帯し、もしものときに備えたものだそうです。

昔から本などで知ってはいましたが、なかなか手に入れるのは難しかったです。
オーダーで作ってもらう、本格派の古武器です。
素材はステンレスで、光り方も渋いです。
毎日さわっては、ニヤニヤしています。

この「寸鉄」、手に握りこんで使用します。
中央やや右寄りについているリングに指を通すことで、手を開いても物をつかんでも落とすことはありません。
手の中で回転させることで、常に持ち方を変化させることができ、相手に見えないように構えることもできます。
養正館武道に寸鉄術というものはありません、が、養正館で修練する体サバキや重心移動は、そのまま寸鉄で使えます。
また、つかむことを妨げない寸鉄は、関節技や絞め技の効果を高める使い方もできます。
現代的護身具としての可能性も高く、これを機に研究をしてみようと思います。



posted by 三国 at 22:23| Comment(0) | 養正館武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする