2014年09月29日

名古屋美人!!


IMG_2944_convert_20140929200019.jpg


名古屋に美人はいない。
先日読んだ本に書いてありました。
ひどい、言いようですね・・・。
その本には、根拠として歴史上の三英傑「信長・秀吉・家康」の存在が上げられています。

信長の安土・桃山城、秀吉の大阪城、そして家康の江戸城。
それぞれの、幕府を作るときに名古屋地域(尾張・三河・美濃)の美女をみんな連れて行ってしまい結局そうでない人しか残らなかったので、
この地域に美人はいなくなったそうです。

まあこれ、いろいろ反論はあるし、いいたい事もあるんでしょうが。
この説、裏を返せば、京・大阪・東京にいる美人さんはもとをただせばみ〜んな名古屋出身っちゅうことになります!!
よその地域で美人を見つけたら、「やっぱり、御先祖は名古屋?」と聞いて見ませう。

それにしても、
美人の定義は人それぞれです。
いろいろな意味で幼い男ほど、女性の顔立ち外見にこだわる気がします。
大人になると、美人の幅が広がりますね。


posted by 三国 at 20:31| Comment(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

お米収穫始まる。


IMG_2300_convert_20140919172522.jpg


せともの祭りも終わり、めっきり秋めいてきました。
吹き付ける風が、冷たくなってきました。
こうなってくると、もう稲刈りの季節です。
三国ウェスト農場でも、お米の収穫が始まりました。
何週かに分けて行いますが、
まずは、ミネアサヒです。
ミネアサヒは、水のきれいなところで育つ品種で小粒で収量が少な目ながらとても美味しいお米です。
今年は、後半の雨続きで収量が減ってしまいました。
其処に追い討ちをかけるように、わたしの管理不足がたたって・・・。
なんとか、御予約分だけはと思います。

さて、写真にあります水稲。
実るほど、稲穂を垂れております。
この稲穂、良く見ると稲の葉より下に稲穂が垂れています。
これじつは、品種改良によってこのようになっているのです。
なんのために?
わたしも農協の人に教えてもらって知りました。
葉の下に穂が垂れるように実ることで、スズメが稲をついばみにくくなるそうです。
よく時代小説などで、スズメの害が出てきます。
こんな対処が、なされてきているんですね。
びっくりです。




posted by 三国 at 17:50| Comment(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

2014年度、瀬戸養正館武道協賛者一覧


IMG_9251_convert_20110715204842.jpg


     2014年度、瀬戸養正館武道協賛者一覧


 
          東京都 土屋宝飾 土屋敦
            青山 光正
        株式会社 玉越    
         高浜市 誠不動産 杉浦 誠
居酒屋 和が屋 桜井 敦
          鰍スき野 野田 多喜子
         JA瀬戸 グリーンセンター
         農協観光 JAツアー 愛知 
        とよたの宅配情報誌 PIPO 編集室
   社会保険労務士・行政書士 犬飼佳寿子
   株式会社 レクヴィ 増田 浩一
           東栄接骨院 桂川 陽介
          株式会社 緑公園 柴田造園
          名古屋自動車工業 新井雄二
瀬戸市の料理教室Tea−time Table 加藤 朋子
             第一住宅株式会社 
        弁護士 加藤秀男法律事務所 加藤英男
           (有) 鈴乃屋 鈴木 大一
       名古屋第一法律事務所 弁護士 加藤洪太郎
       加藤堅太郎税理士事務所 税理士 加藤堅太郎
         (有)三国ウェスト農場 加藤 八江

                            敬称略・順不同。

ありがとうございました。
     
posted by 三国 at 21:19| Comment(0) | 養正館武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

2o14演武せまる。

IMG_8214_convert_20140906202352.jpg

13日土曜日14日日曜日は、せともの祭り(http://www.setocci.or.jp/setomonomatsuri/)。
いよいよ、今年も演武が迫ってきました。
たった15分のイベントですが、神前で神様が顕われます御開帳まえの奉納演武。
心して行いたいと思います。

今年の演武のテーマは、「前へ、」です。
戦いのなか、一歩もしくは半歩前に出ることで相手に優位に立つ。
これは実際にはとても難しいです。
しかし、イザというときあえて前に踏み込むことで、活路を見出すのは、武道の技術の中でも非常に重視されています。
いっても精神的にもナカナカ難しく、これを行えるようになるために「絶叫を上げたり」「座禅を組んだり」する流派もあります。
養正館武道では、「反復練習」によってこれを克服してゆきます。
この練習のなかで、生活また人生でも危機を回避しうる人間性を養成してゆくのも、武道の目的のひとつです。
(私などはまだまだ、未熟でありますけど・・・。)

今回の演武では、あえて一歩踏み込むことで自分の体制を優位にする技法の紹介です。

演目は、
@体捌き
A剣六法と組太刀
B得物取り
C護身術
D相対稽古
E抜刀術と組太刀
F試し割り
              です。


では皆さん、
9月13日土曜日、
10時に、窯神神社境内でお待ちしています。



posted by 三国 at 20:25| Comment(0) | 養正館武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする